カテゴリー  普及

旭山動物園にて 大型パネル「しれとこシカ絵巻」展示作業

sikaemaki.jpg実施日:4月25日~26日
旭山動物園に今春オープンする「エゾシカの森」の施設の一角に、知床のシカについて展示をさせていただけることになり、パネル制作・展示作業に行ってきました。
今回作ったのは、たて約1メートル、よこ3メートルの大型パネル「しれとこシカ絵巻」です。知床で暮らしていると、シカを見ない日はほとんどありません。シカが常にそばにいる生活はどんなものなのか、野生のシカが私たちの暮らしの中を普段どんな風に闊歩しているのかを知ってほしくて、このパネルを作りました。

続きを読む →

コメント (0)

ウトロ小学校 ふゆのウトロのどうぶつたち

PB210435.jpg11月21日 ウトロ小中学校で「ふゆのウトロのどうぶつたち」と題した授業がありました
小学生1-3年生の低学年を対象に行いました
自分達の春までの過ごし方を知床の身近な動物達と比較しながら授業を進めました。
さすがウトロの子供達!! オオワシとオジロワシの見分けかた、エゾシカの夏と冬の違いなど、身近な動物達の知識が豊富でした。
見かけることはあるけれど、実際冬の間はどうやって、どんなところで過ごしているのか、何を食べているのか?あらためて発見したことも多かったのではないでしょうか?
これから長い冬を迎えますが、冬の動物達を観察する楽しみが増えたかもしれませんね。

コメント (0)

道東自然系施設ネットワーク ワークショップ・総会

doutounet.jpg実施日:2008年11月11日~12日
道東自然系施設ネットワークのワークショップおよび総会がウナベツ自然休養村(斜里町峰浜)で開催されました。10施設の担当者、および環境省などのオブザーバー参加者も含め合計28人が参集。知床財団が管理運営を行う知床自然センター、羅臼ビジターセンターの両施設もネットワーク発足時からのメンバーとして名を連ねており、それぞれの施設の代表として、今回の集まりにも5名のスタッフが参加しました。

続きを読む →

コメント (0)

知床フィールド講座 「知床のヒグマ対策」

081013フィールド講座.jpg実施日:2008年10月13日
9:30-12:00、13:00-15:30
知床財団設立20周年記念プログラムの一つとして、「知床のヒグマ対策」と題したフィールド講座を行いました。
鹿児島、愛知、東京など全国から集まってくださった計16名の参加者は、前半は室内で基本的なヒグマについての講義を受け、後半は冠雪の羅臼岳と美しい紅葉の下でしれとこ100平方メートル運動地の中を散策しました。
悠然としたオスジカやドングリの入ったクマの糞、また、通常は見ることのできないクマの学術捕獲用の檻を見学しながら爽やかな秋の一日を楽しみました。

コメント (0)

ウトロ中学生 職業体験

080917.jpg古くなったクマの檻の錆を落とし、ペンキを塗っている少年たち(除:写真右)。彼らは地元斜里町ウトロにある、ウトロ中学に通う現役中学生。今週火曜日から3日間、知床自然センターで職業体験をしています。
クマの捕獲用の檻は目にしたことがなかったという中学生たち。
地元とはいえ、いや、地元だからこそ当然過ぎて、知らないことがたくさんあると思います。
多くのことを学んでいってくださいね!
(担当:乙部)

コメント (0)

ブログ