カテゴリー  野生動物の調査対策

インターン活動中!ヒグマを眠らせるためのダートづくり

 8月中旬から勤務しています、インターンの中島です。
 今日は野生動物の調査に関わる業務の中から、“ヒグマを眠らせるための注射器(ダート)づくり”についてご紹介したいと思います。

  知床財団では、オリで生け捕りしたヒグマに首輪や耳タグを装着してヒグマの行動を追跡する調査を行っています。首輪や耳タグを装着するためには、オリで生け捕りにしたヒグマを麻酔で眠らせる必要があります。さまざまな方法がありますが、知床ではヒグマに麻酔をかける際に吹き矢を使用します。
 吹き筒という細長い筒に薬剤を入れたダートを込めて、筒の片側から息を吹き入れて、その空気圧を使ってヒグマにむけてダートを勢いよく飛ばします。ヒグマにダートが命中すると、ダート内の薬剤がヒグマの体内に注入される仕組みです。

完成したオリジナルダート(注射器)

完成したオリジナルダート(注射器)

 市販のダートもありますが、知床では安価で使い勝手の良い手作りのオリジナルダートを使用しています。ダートを作成するのに特別な道具は必要ありません。材料は注射筒と注射針、虫ピン、毛糸です(有名な某獣医漫画にも作り方が紹介されていますよね)。
 檻越しに安全に麻酔作業をおこなうためには、ダートの出来がとても重要です。ダートから薬剤が漏れてしまったり、吹き筒にダートが引っ掛かって軌道が変わってしまったり…、そうしたトラブルを防止するため、ダートをひとつひとつ丁寧に作成します。

  

続きを読む →

コメント (0)

インターン活動中!クマオリのさび取り&塗装作業

7月中旬から知床財団に勤務しているインターンの福原です。
今日はクマオリのさび取りと塗装作業を行いました。

クマオリは、調査のためにヒグマを生きたまま捕まえるための道具です。
野外に設置したオリは雨や海からの塩をあびて、わずか3~5年でサビサビ、ボロボロになります。ボロボロになったオリでクマを捕まえたら、作業中にさびて穴の開いた隙間からクマの手が出てきた~!なんて笑えない話もあります。安全に作業するため、道具を長持ちさせるため、こうした定期的なメンテナンスはとても重要です。

今回の作業では、金属ブラシと電動やすりを使ってさびを落とし、さび防止のための塗料を塗りました。

金属ブラシでさび落とし中

金属ブラシでさび落とし中

写真では、金属ブラシを使ってさび取りをしていますが、なかなか進まず苦戦…途中から電動ヤスリを使って効率的に作業を行いました。
電動ヤスリで作業をすると鉄粉が大量に飛びます!マスク・帽子・手袋を装着して完全装備で挑みましたが、服と顔半分が鉄粉で茶色くなってしまいました…。

 

きれいになったクマオリ

きれいになったクマオリ

続きを読む →

コメント (0)

ヒグマの行動を追跡中です!

2013年8月1日(木)

先日、調査のために標識を装着したメス成獣ヒグマの首輪から、データのダウンロードを行いました。 

この個体は、今年の7月に知床五湖近くのオリで捕獲、標識(首輪・耳タグ・マイクロチップ)を装着して放逐したヒグマです。昨年、一昨年にも捕獲されており、過去2年分の行動や繁殖履歴が蓄積されています(個体識別ID:11B02)。

これまでの調査から、11B02は岩尾別台地を主な行動圏とすること、人前に姿をあまり見せない警戒心の強い個体であることがわかっています。

11B02 7月の行動(赤い点がヒグマがいた位置を示しています)

11B02 7月の行動(赤い点がヒグマがいた位置を示しています)

続きを読む →

コメント (0)

釧路湖陵高校の生徒が羅臼を訪問

CA3I0094-s2013年8月3日(土)

北海道釧路湖陵高校の生徒たちが、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業の一環として、知床半島羅臼町で行われている野生動物保護管理対策の現場を視察しました。

羅臼町では、人の生活圏と野生動物の生息圏が重複、あるいは隣接している場所が多く、緩衝地帯が無いことにより両者の間で発生する軋轢も全国で群を抜いています。
このような環境で、日頃、私たち知床財団が行っている軋轢軽減のための対策・取り組み等を紹介いたしました。

続きを読む →

, コメント (0)

羅臼町内の中学校でヒグマ授業を行いました

kumajugyou22013年6月5日(水)、12日(水)

6月5日に羅臼中学校、6月12日に春松中学校でヒグマ授業を行いました。

羅臼町では、中高一貫教育の一コマとして中1、中3、高2と隔年でこのヒグマ授業が行われ、内容がステップアップしていきます。

kumajugyou1中学校1年では基本的なヒグマの生態や、ヒグマに出遭った時の対処法を学び、中学校3年で知床で行われているヒグマ対策や調査について学びます。

対処法の実践では、スタッフがヒグマに扮して生徒の前に現れ大盛り上がり!

調査体験では、実際に使っている調査機材を用いて、スタッフが事前に隠しておいたヒグマの電波発信首輪を捜索しました。

生徒たちは、当たり前なようで、実はとっても貴重な「身近にヒグマが棲む環境の素晴らしさ」を再確認したようです。

(白栁)

, コメント (0)

ブログ