活動報告BLOG

クマ端会議を開催しました

kumabata2014実施日:2015年2月4日 14:00~15:30@ウトロ

昨年に続き、今年も町民の皆さんとヒグマについて井戸端会議風に語り合う「クマ端(ばた)会議」を開催しました。
今回は地元のガイドさんやホテル関係の方から主婦にいたるまで総勢16名の皆さんにご参加いただきました。
コーヒーとお菓子を食べながらのアットホームな雰囲気の中、当財団のスタッフより今シーズンのヒグマの出没状況を写真や動画をまじえてご紹介した後、参加者の皆さんより日頃疑問に思っていることや知床、ヒグマへの思いなど、多くのご意見をいただいきました。
私たちスタッフにとってはヒグマとともに暮らす住民の皆さんの率直な意見をたくさん聞くことができました。また、住民の皆さんにとっても普段見ることのないヒグマが出没した時の現場を見ることにより、いかに自分たちがヒグマと近い距離でくらしているのを再認識する、いいい機会になったのではないかと思います。
ぜひ来年も開催したいと思います。

最後に、今回場所を貸していただいた「季風クラブ知床」様と、お菓子をご提供いただいた「宙(そら)」様には改めてお礼申し上げます。

(担当:田中)

コメント (0)

樹皮保護ネットの補修作業を行いました

樹皮保護ネットを巻いたキハダも、今年は大豊作!まだたくさんの実をつけていました。

樹皮保護ネットを巻いたキハダも、今年は大豊作!まだたくさんの実をつけていました。

実施日:2015年2月8日(日)
天気:晴れのち曇り、風やや強い

シカが好んで食べる樹種(キハダやハルニレなど)を中心に、運動地内では約800本の木に樹皮保護ネットを巻いています。

 

 

 

 

風雪などによって、破けてしまった樹皮保護ネット。

風雪などによって、破けてしまった樹皮保護ネット。

今回は、北海道内外からお越しくださったボランティアさん6名とともに、耐用年数が過ぎ、穴が空いてしまったネットの補修作業を行いました。

 

 

 

 

 

こんなに深く掘らないといけないことも!

こんなに深く掘らないといけないことも!

今回は、全体を取り換えるのではなく、破けた穴をふさぐ様に補修していきました。
下まで破けてしまっている場合は、根元からネットを巻き直す必要があるため、雪堀りからスタートです。
これが結構な、重労働!寒空の中、汗をかきかきの作業でした。

 

 

 

 

参加くださったボランティアの皆さん、ありがとうございました!

参加くださったボランティアの皆さん、ありがとうございました!

おかげさまで、約20本分の樹皮保護ネットの補修作業を終えることができました。
風が吹く、寒い冬の外作業。参加くださった皆さん、本当にお疲れさまでした!

(担当:喜内)

, コメント (0)

ガードレールの雪かきボランティアに参加しました

ガードレールの雪かきボランティアに参加しました③2015年2月7日 天気:快晴

いよいよ流氷観光シーズンの到来です。
遠くから知床に来ていただいたお客様に、車窓からの流氷風景を満喫していただくべく、ガードレールに積もった雪を取り除きました。
地元住民を中心に100名を超える参加者が汗を流し、1km以上にわたって、海岸沿いの国道はきれいに除雪されました。

ガードレールの雪かきボランティアに参加しました①どの参加者の顔にも、お客様をお迎えできる喜びが浮かんでいたように感じました。

(担当:山野)

コメント (0)

ブログ