活動報告BLOG

大瀬初三郎氏から寄付をいただきました

070701oose.jpg2007年6月26日
ヒグマが高密度に生息している知床半島ルシャ地区で、サケ・マス定置網漁業を営みながら、長年同地区での保護活動に協力し、ヒグマと共存するために独自の取り組みを行ってきた大瀬初三郎氏から、寄付をいただきました。
厚く御礼申し上げます。
(大瀬氏(左)から寄付を受け取る森理事長)

続きを読む →

コメント (0)

知床フィールド講座「知床でアスパラ!? ~世界遺産と農業の不思議な関係~」

P1010004.JPG
実施日:2007年6月24日
 1つのテーマを深く掘り下げて知床の自然を学ぶプログラム、知床フィールド講座。今回は初めての試みとなる知床の「農業」を知るプログラムを実施しました。
 知床の農業といえばかつての開拓と離農の歴史、そしてそれに続く100平方メートル運動による開拓跡地の保全。しかし、ウトロのホテル街の奥に広がる台地で、この豊かな自然を背景とした農業が現在も営まれていることを知る観光客は多くありません。
 プログラムではウトロ高原で農業を営む岩谷氏の農地を訪ねました。まずはアスパラガスを収穫し、摘みたてのアスパラを生でかじってそのおいしさに参加者一同大感激! その後、小麦、ジャガイモ、ビート(砂糖大根)、キャベツなどの畑をめぐりながら、岩谷氏から農業を営むことの苦労と喜び、そしてウトロの農家に産まれこの土地で生きてきたご自身の様々な体験をお話いただきました。農業の話ももちろんですが、40年前からの知床での生活の歴史はスタッフも含めて初めて聞くことばかり! 一堂驚きの連続でした。

続きを読む →

コメント (0)

ボランティア活動報告 2007年6月15日〜17日

IMG_7061-a.jpg実施日:2007年6月15日〜17日
今回の活動には千葉県と埼玉県からお二人、北見市からお一人の参加がありました。曇り空のときおり雨のまじる空模様でしたが、除草作業や防鹿柵の補修、この夏の森づくり作業に向けての準備作業などにご協力をいただきました。
活動2日目の夜にボランティアさんとスタッフとでささやかなジンギスカンの宴を持ちました。食べた肉や菜はぜんぜん地元のものではありません。ただ、この顔ぶれで同じ鉄板を囲んでいるのは、ひとえに知床というつながりの賜物です。この夜食べたジンギスカンが皆さんにとって知床の味となっていてくれればこんなにうれしいことはありません。

続きを読む →

コメント (0)

クマ対策研修

jouzankeikenshu2.JPG
実施日:2007年6月5日~13日
札幌市の野外体験施設「定山渓自然の村」から2名のスタッフを迎え、2007年6月5日から9日間にわたりヒグマ対策研修を実施しました。
ヒグマの生態に関する知識、痕跡識別方法、現地調査・記録の作成方法、ヒグマ生息地内での野外宿泊技術…etc、研修内容は多岐にわたりました。
研修を通じ、ヒグマの生息地内では常にヒグマの存在を気にする必要があるということを改めて体で感じてもらえたものと思います。
ヒグマがたくさん暮らし、頻繁に目にする機会が多い知床だからこそ実施できた研修です。
こうした研修を通じ、知床のみならず日本における人とクマの軋轢緩和にすこしでも貢献できればと考えています。

コメント (0)

羅臼小学校 クマ授業

IMG_9271.JPG実施日:2007年6月13日(水)
今回は羅臼VC在駐のスタッフ3名、知床自然センター在駐のスタッフ1名が「クマ先生」になり、羅臼小学校でクマ授業を行いました。
全校児童163名を対象に、低学年(1、2年生)、中学年(3,4年生)、高学年(5、6年生)と、3回に分けて学年ごとに少しずつ内容を変えて授業を行いました。

続きを読む →

コメント (0)

ブログ