事務局長のつぶやき

今年のクマ事情②

 20120820s.jpg

一層縮まる人とクマの距離

 前編で今年の出没傾向やクマの様子がいつもと違ったこと、夏場の餌事情が厳しかったことがその原因の一つだった可能性を紹介した。例年に比べて突出して多い目撃数は、今年の特別な状況に起因していると考えられるが、一方で今年に限らず、目撃数自体が年々増加傾向にあることは確かで、その背景に人を気にしないクマの存在がある。全てのクマが人を気にしなくなったわけではないが、確実に増加している。

RIMG4962ss.jpg
 人側のクマに対する反応が変わりつつある。人もクマを恐れなくなった気がする。特に国立公園内では、道路際にクマがいると、たちまち車の渋滞が発生し、車外に出てカメラを構える人々にクマは囲まれる。知床財団では過度の人慣れを防ぐために追い払いを行っているが、それはクマにとって人との出会いのほんの一部でしかなく、追い払いによる学習付けには限界がある。


 

続きを読む →

コメント (0)

今年の知床クマ事情①

2012bear2.jpg

『ちょっといつもと違った今年のクマ事情』

出没ピークが1カ月遅れた今年

 知床と言えばヒグマがたくさん暮らすところというイメージをもたれる方も多いと思うが、確かに知床半島(斜里町・羅臼町)におけるヒグマの目撃数は、他地域と比較しても格段に多く、クマの出没に対して住民も比較的冷静である。だが、今年はあまりにも多かった。またただ単に出没が多いだけでなく、その傾向や出没するクマの様子も少しいつもと違った。
 まず目撃数だが、斜里町は昨年のほぼ2倍(1,695件10月末現在)、羅臼町は1.5倍(386件、10月末現在)で、両町合わせると既に2,000件を超えている。また例年だと7月がもっとも目撃情報が多く、8月に入った途端に沈静化する一山タイプか、9月以降秋にまた若干多くなるという二山パターンが普通だが、今年は一山だが、ピークが1カ月遅れた形となり、8月に入っても落ち着くことなく、むしろ大幅に増加した。
 最近は人の存在を気にしないクマの増加で目撃数全体が増加傾向にあるが、それだけでは今年の状況は説明しきれない。別の理由も重なったと考えるほうが自然だ。

続きを読む →

コメント (0)

ライブラリー