事務局長のつぶやき

札幌市のヒグマ出没騒動について

 

『札幌市のヒグマ出没大騒動に思う』

公益財団法人 知床財団 統括研究員・事務局長 山中 正実

今、人口190万をこえる北海道最大の都市、札幌がテンヤワンヤの大騒ぎである。都心部に近い中央区の山寄りの市街地にヒグマが出没しているという。すでに十数回の目撃が通報され、クマ騒ぎの話題が連日マスコミをにぎわしている。何らかの原因で住宅地付近に紛れ込んでしまったと思われる1頭の若いクマ(おそらく)に大都市が揺れているのだ。一方、知床では年間のクマの出没件数は、この10年あまりずっと高止まりで600~900件。今回の事件で、あまりに報道関係などからの問い合わせが多いので以下に所見をまとめてみた。ただし、知床は札幌から400kmも離れた遠隔地であり、自然環境も社会環境も全く異なる。また、現地調査をしたわけでもないので、下記はあくまで、一般論、知床での経験や伝え聞く状況証拠からの推測である。

■北海道庁によるドングリ不作原因説は疑問。
北海道のヒグマの秋の主要な食物の一つはミズナラのドングリだが、ミズナラは一つの山でも標高や斜面方位によって豊凶が異なり、広域で同調しない。札幌近郊の山が全山すべて不作なんてことはないだろう。広域的に同調するブナの実の豊凶に敏感に反応して数年おきに大出没を繰り返すツキノワグマの例と安易に同一視できない。広い全道各地の少数の地点でパラパラと、しかも観察手法も統一されていない情報に基づく道庁の説が原因で出没多発なんて言えぬ。
また、ミズナラ以外にもヤマブドウやサルナシ等の代替え餌がいくらでもあり、それらもすべて不作というならまだしも、ドングリだけとりあげて、どうこう言う道庁の説は信頼性が乏しい。

 

■しいて推測すれば、ついにある閾値を超えて堰が切れたのでは? 今、我々は時代の転換点にいるかも?
北海道では、1960年代から1990年まで出没や被害の有無にかかわらず奥山まで入り込んで徹底してクマを殺す春グマ駆除が、道庁の全道的な政策としておこなわれていた。これは実質的に絶滅化政策であった。また、かつては狩猟者も多く、春グマ駆除以外にも狩猟での捕獲や春以外の時期の出没即捕殺の駆除も積極的に行われていた。その結果、1980年代後半には札幌近郊の石狩西部地区の山々ではほぼ絶滅に近い状況まで追い込まれた。
そのような時代が終わって、かれこれ20年あまり。一時は絶滅の縁に立っていた札幌近郊の山々のヒグマ個体群は回復途上にあると推察される。また、人に追い回された経験を持たぬ、人に対して警戒心がうすい、知床でみられるような「新世代ベアー」が徐々に増えているはずである。
実際、190万都市札幌の近郊でも、ここ10年あまり西区西野の手稲山山麓、南区藤野~定山渓などで、出没が目立ちはじめていた。札幌市周辺の情報では、以下のようなことが言われている。


情報①:ヒグマの生息が確認されている山域と市街地の接触の前線は、当初、西区(西野地区)にはじまり、南区(石山・藤野・白川地区等)から今回の中央区と広がってきていた。今回の問題の円山地区でも、その背後の山林ではここ数年ヒグマの生息情報が出てはおり、特に今年に入って親子グマの情報が頻発していた。今は、行動圏の広いオスが散発的に出没する段階を超えて、メスが定着する段階に入っていると推察される。


情報②:円山公園へのヒグマの侵入は,既に6年前の2005年10月にあった。その後も円山西町周辺の幌見峠付近や宮の森シャンツェ付近,北ノ沢と盤渓の境界の小林峠付近では毎年のようにヒグマの目撃情報があり,今回の出没騒ぎのあった市街地に接する山系へのヒグマの侵入は恒常化していたと推定される。

上記の情報からも推定されるとおり、札幌市近郊の山々ではヒグマ個体群が回復してきていることがほぼ間違いない。さらに札幌都心にごく近い中央区の山際へまでも分布が広がり、かつ、新世代型のクマの増加の中、ついにある閾値を超えて、顕在化したのではないか?と考えられる。
知床でもかつて闇雲にクマが殺されていた時代が終わって十数年を経た1995年を境に、一気に状況が変わった。知床の斜里町では、それまで年間30~40件にすぎなかったヒグマの目撃件数が、1995年を境に200件を超え、急速に増加してこの10年あまり年間600~800件の高止まりの状態である。札幌近郊も今そのような転換点に立っているのではないか?仮にそうであれば、後年振り返れば、2011年が大きな転機であったと言えるようになるかもしれない。今年の状況は特別なことではなくなり、来年以降も毎年同じようなことが繰り返されるようになる可能性がある。


■何が直接要因か?

*推定その1:人に対する警戒心がうすい新世代型のクマの出没、あるいは、生ゴミなどに餌付いて執着心が高まったクマの出没か?
大都市に近接して豊かな自然があるというのが札幌市民の誇りである。その豊かな森にクマが回復してきて、生息しているのは当たり前であり、元に戻ったにすぎない。しかし、かつてと異なるのは、1970年代から札幌市の人口と市街地は急速に拡大していることだ。クマが住む森と人口稠密地域の接触面が、小樽方面から手稲山麓を経て定山渓まで長大に存在する。さらに両者の接触は、農耕地などの緩衝帯無しの「剥き出し」の接触である。
知床などヒグマとの接触が多い地域では常識である「生ゴミなど放置すりゃあ、クマがつくぞ」というような意識は、札幌市民にはまったく欠如しているはずである。長い接触面で、多数の人々が生ゴミの放置・投棄や埋設、コンポストによる生ゴミ処理等々、ヒグマの生息地ではやってはいけないことをあちこちで行って誘引していると思われる。そんな条件下に、新世代型のクマがいれば、すぐに出てくるようになる。そのような場合、個体数の増減にかかわらず、出没件数は増加する。
知床の転換点1995年頃は、ごく少数の新世代ベアーが頻繁に出て、出没件数を激増させていた。その後ゆっくりと、新世代型の個体が増加し、年間数百件の出没件数の高止まりが継続している。

*推定その2:移動や分散過程の若い個体の偶発的な侵入か?
新世代型のクマ、あるいは、生ゴミなどに餌付いて執着心が高まったクマでなくとも、偶発的にクマが森林から出てしまうことがあり得る。ヒグマが通常生息している森林と市街地や農耕地が接触している場合、そこにたまたまヒグマが出てしまいやすい環境の配置があったとき、意図的ではない侵入が起こることがある。
ヒグマは開けた環境に身をさらして歩き回ることは通常しない。体を隠すことができる林やヤブを好んで移動経路として使う。例えば、森と接する住宅地などに、森から伸びる防風林などのちょっとした林があったり、河畔林や川沿いのヤブが森から続いている回廊のような環境があると、移動途中にその回廊に入り込んでしまう。ふと気付くと住宅地や農耕地の真ん中に出てしまい、入り込んだはいいが、振り返ると道路があり車が走っていたり、家並みが続いていて、帰るに帰れなくなることがある。
かつて斜里町のウトロ地区市街地では、森から街の中に伸びている川や海岸林を通ってクマの頻繁な侵入があった。その多くは親と別れてまだ経験が十分ではなかったり、人間への警戒心がうすい若い個体であった。また、若い個体はしばしば生息地を求めて大きく移動することがあり、その移動途中にたまたまトラップのようになった「緑の回廊」に迷い込む場合もある。ウトロ地区ではそのような回廊をヒグマが通れないように分断することで、侵入防止の効果を上げてきている。

今回の札幌市のクマは、伝え聞くところでは体長1mほどの小型であり、日中堂々と歩き回るようなことはせず、夜間や夕方に散発的に出没している。また、人に出会うと逃げる行動をとっているようである。さらに、少数だが発見された糞の内容物は、クルミの実で生ゴミなどは確認されていないという。これらから今回の個体は上記の推定の「2」の方である可能性が高いと考えられる。
仮に偶発的ではあっても、人口密集地とヒグマの生息する森が直接接しているような環境があれば、適切な環境デザインがなされなければ、今後偶発的な侵入事例が増えていく。


■対策はどうしたらよいのか?

1)札幌の森もヒグマの生活圏、それを踏まえた生活を常識として普及させること
最優先事項は、森と都市の長大な接触面付近で生活している人々が、ヒグマを誘引しないような生活に心がけることの重要性を普及啓発すること。
また、接触境界域の人々だけがルールを守っても、他の大都市に比べて異常に多い札幌の山菜採りやキノコ採り愛好者など山には入る人々が、山でゴミを捨てたり、ジンギスカンなどやって残飯を捨てたりすれば意味はなく、札幌の多くの市民が、ヒグマの生息地に隣接して自分たちは生活しているという意識とヒグマ誘引予防の常識を身に付けることが必要。

2)緑の回廊があれば、分断せよ!
川沿いの河畔林やヤブ、防風林やそれに近い形態の林が山から続いているような環境があれば、良好な「緑の回廊」として機能する。生ゴミに味をしめたクマが侵入経路として使う場合も、知らず知らずのうちに行き止まりの回廊にクマが入り込む場合もある。そのような回廊は分断しなければならない。木々やヤブを刈り払って開けた環境にしたり、電気柵を張って侵入できないようにすることが大切。

3)重要地点には防衛ラインを張れ!
例えば学校の周辺など特に防衛強化が必要で頻繁な出没があるところがあれば、臨時的に、あるいは、恒久的に、フェンスや電気柵を設置して防衛ラインを作るべき。そうでなければ夜の突発侵入などに対応できぬ。長大な接触面の全域に障壁を作ることは難しいが、重要箇所だけでも防衛ラインがあれば、対策は楽になる。

4)ヒグマへの継続的なプレッシャーはある意味必要(難しいが・・)。危機管理体制の構築が急務
自然保護区でもなく都市近郊の森である札幌の山々では、狩猟などによって継続的なある程度の圧力をかけ続け、人は脅威であると学習させ、その過程でとぼけた新世代グマは間引かれていく状況を維持することも考慮されるべきかもしれない。しかし、そのような状況は、銃規制の異常な強化や趣味の多様化、狩猟者の高齢化などによる狩猟人口の激減ですでに消滅した。現在の社会情勢では復活させることも困難。
かといって、ワナによる捕獲を積極的に行っていくことはすべきでない。捕まったクマは殺されるだけで学習付にもならず、餌によって無実のクマまで広い範囲から誘引して、捕殺することになる。
クマの生息地に接する大都市としての危機管理体制の構築も急務。現状では警察は警察で訳も分からず騒ぎ立て、市役所もまた然り、さらに関係機関の間の連携もなく、てんでバラバラに動き回って騒ぎが拡大し、誰が全体を把握して危機管理の指揮を執っているかさっぱりわからない状況であろう。北海道内各地、さらには全国的にも、クマが出るたびにそんな混乱が繰り返されている。
司令塔を定め、情報を集約し、全体像を把握しながら、適切な対策を打っていく指揮命令or連携協力体制と現場実働部隊が必須である。狩猟者の減少と技術力低下によって、今やかつてのように「どうせ撃ちたいんだろうから、あんたら適当に対応しておいて」と猟友会に丸投げできるような状況にはない。さらに、大都市の住宅地も含む難しい危機管理を行いつつの市街戦は、人員不足で指揮系統もはっきりしない趣味の友好団体には荷が重すぎる。
実働部隊は、日常的なモニタリングを行うことで、ゴミに餌付いて人をつけ回すような異常個体が発生していないかどうか、あるいは、ゴミを投棄するなど不適切な行動をとっている人がいないかどうか常に点検し、問題が顕在化する前に即応することが期待される。また、境界域に生活する人々の自治会の活動や学校教育を通じて、正しい知識を普及したり、協働してヒグマを誘引しない生活環境づくりにも貢献できるであろう。
そして、実働部隊は銃器等を用いた威嚇や追い払いにも対応し、危機管理上どうしても必要な時には、迅速かつ確実な駆除を断行できる能力も必要である。
そのような体制がない限り、出没事件と大騒ぎの混乱は今後も延々と繰り返されて行く。

■おわりに
今回の札幌市のような状況は、地方では早い時期から顕在化し、その対応に苦労を重ねてきた。我々はさまざまな機会をとらえて、野生動物管理の責任官庁である北海道庁に対して、道としての広域的なヒグマ管理計画の策定や、実効性ある対策の展開を行うべきことを強く要請してきた。また、現状のままでは近い将来、問題が爆発するのが目に見えていると警告を発し続けてきた。
しかし、道庁はさっぱり動こうとしなかった。クマなんて田舎の問題と放置してきた。ヒグマが多く生息し、その対策に多大な労力をさいてきた地方にとっては、札幌のあまりに異常な大騒ぎぶりには「だから言ったこっちゃない!何を今さら」という感を持たざるを得ない。北海道の森にクマがいるのは当たり前である。その当たり前の状況に、なんとか折り合いをつけ、生活や産業を維持することに地方は努力を重ねてきた。札幌の森は、今、当たり前の状態になったにすぎない。
アイヌの人々は、ヒグマと共に生きる暮らしの知恵をきちんと持っていた。山の神として敬い、かつ、肉や毛皮の恵を利用していた。時に悪さをするクマがいれば、「ウェンカムイ」として確実に懲らしめた。恐れおののいて大騒ぎするような対象ではなかった。北海道民のほとんどは本州からの移住者「和人」だろう。しかし、開拓以来すでに140年あまりたったのだ。ヒグマに関する生態研究も進み、具体的な対策手法も開発されてきている。いにしえの知恵と現在の技術を持ってすれば、折り合いをつける方策はいくらでもある。そろそろ山の神とのつき合い方をおぼえてはどうだろうか?
北海道の人口の半数以上が集中する札幌圏。そこに現出したこの度の事態。北海道庁をはじめ関係機関は、もう地方のことと放置できなくなるだろう。まじめにヒグマのことを考えはじめる良い機会となるに違いない。私には今回の事件は、山の神が「道産子たちよ、いい加減しっかりしろよ」と言っているように思えてならない。

 

◆出会ったらどうしたらよいのかという問いに対して
 
「出会わないために、出会ってしまったら」についてはコチラ 

 

漁師とヒグマ.jpg知床でみられる新世代型のクマ。作業する漁師たちの後で親子グマがのんびり日向ぼっこ。漁師たちもクマも互いに無視し合っている。人みれば常に歯をむいて向かって来る「恐怖の猛獣」というイメージはまちがいだが、クマとの付き合い方がわからない不特定多数の人々が生活する都市部に新世代型グマが現れると、大きな問題を生じうる。

コメント (2)

コメント 2件

  1. said: おかもと on
    はじめまして。

    コメント、ありがとうございます。

    野生動物の存在が魅力の一つとなっている国立公園では、「いかに人間側の意識を変えていくか」ということが公園管理上これからますます重要になってくると思われます。私たちも、野生動物への餌やりや、野生動物の人馴れに対し今のところ有効な手立てを講じることができないでいますが、地道な普及活動は続けていきたいと思っています。

    ヒグマは相手を威嚇するとき、喧嘩をするときに低いうなるような声を出すことがあるようです。以前、カムイワッカという場所で大きなオス同士が谷間全体に響き渡るようなり声をあげて喧嘩しているのを見たことがあります。ちょっと髪の毛が逆立ちました…

    岡本
  2. はじめまして、こんばんわ。
    私は札幌生まれの札幌育ちで、小さい頃からよく自然に興味があり、つい近日まで(札幌ではありませんが、道内の)某自然ガイド会社にて勤務しておりました。
    ここ何年かで羆にも興味を持ち始め、現在も自身様々な文献やインターネットなどで庶民的知識を蓄えています。が、羆の残り香や足跡・食痕・糞などは目撃したことがあるものの、直接姿を見たことはありません。地域差、タイミングはあるものの、なかなか見れない生き物だと私は思っています。

    羆生息地(道内全域どこにおいても)へ立ち入る際のマナーの掲示は沢山の場所で目にして思うのが、においの強い飲食物の取り扱いや持ち込み禁止はうたうものの、規制の仕様がなく仕方ないとはいえ、いい香りのシャンプーや洗剤・柔軟剤・香水を身にまとって立ち入っている現状を疑問に思わなくもありません。確かに、森などの散策をご案内した大半のお客様はいい香りがしました。ただ、直接的にそれが羆に何かの刺激を誘発しているかは判りませんがクマたちに影響を与えていないのだろうかと心配になる時があります。

    餌付けに関しては、私が勤務していた場所では幸いキタキツネでとどまっていましたが、いくらやめてください看板を増やしても、観光客はおねだりキツネとも知らず近づいてくるキツネを嬉しそうに写真におさめたり、また更に餌を与えていました。それを見ると本当に何とも言えない気持ちになっていました。そこのキツネは代々おねだり育ちのようです。
    観光客が増えるのは、その市町村にとっても北海道にとっても本当に有難い事だと思います。しかし、やはり観光客が増えると確実にゴミは増え、登山道やその周辺の植物たちは踏み倒され、動物たちもゴミや餌付けでどんどん取り返しがつかなくなっていく、この現状にいつも心が痛くなります。なので、せめて私がご案内したお客様や学生たちには、ちょっと深く踏み入って自分なりにただ「いい所・綺麗な所・自然豊かな所」だけではない話をなるべくしてきたつもりです。
    共存共存と言っているのは人間だけで、生き物たちは自分たちなりに折り合いをつけた生活をとうの昔から営んできているのに。けれど、共存といいつつも上手くコントロールしきれない人間たちが彼らの生活圏をさらに侵略し、それこそ新世代型クマや代々餌付けで育っている動物を作り上げていることが何とも痛ましくてなりません。
    近年の札幌圏内での羆出没頻度と場所、そしてニュースを聞いていて私も山中事務局長さんの書かれている記事と同じような事を思い考えています。(実際、この出没が多発している近年札幌にいないのですが)また、知床での人と羆の接近や食べ物の放棄などをニュースで聞いていても、どうか最悪の事態が本当に起きないよう心配しています。


    最後に一つ教えていただきたいのですが、イメージ的に犬のような唸り声を羆は発しますでしょうか?



    長くなってしまい申し訳ございません。最後まで、有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ライブラリー