事務局長のつぶやき

万国共通のルール

 カナダの国立公園へ旅行に行った職員から、みやげ話とあちらで集めたパンフ類や撮影した写真を見せてもらった。

 職業柄どうしても、パンフや看板にどのような記載があるか、つい気になってしまう。いろいろなパンフを見せてもらったが、野生動物に関する注意事項等は共通点が多く、相違点は少ない。下の写真のポスター(ジャスパー国立公園)のように「餌を野生動物にやらない」といったルールは万国共通でであることがわかる。

 ただ、下のポスターで驚いたのは一番下に書かれた罰金の金額だ。上限だが、なんと25000カナダドル。1カナダドル85円として、85×25000=212万5千円!その金額にびっくりした。罰金適用例は少ないのかもしれないが、ただ野生動物への餌やり行為に対して公園管理者が大変厳しい考えを持っていることが、その金額から推察された。

 一方で日本の場合、国立公園など自然公園に関する法律、自然公園法第37条でゴミの投棄などの行為について禁止されているが、罰金は30万円以下(同法86条)である。ゴミの不法投棄に関しては、この他の法律や都道府県や市町村の条例などでも規定されているが、野生動物への餌やりがゴミの投棄にあたるのかは微妙である。

 北海道の場合、北海道の北海道生物の多様性の保全等に関する条例第28条で、対象地域でのヒグマに対する餌やり行為を禁止している。知床もこの条例の適用範囲だが、罰金等は設定されておらず、当事者氏名などの公表のみである。

 カナダの罰金の金額を見て、実際に罰金を適用するかは別にしても、野生動物への餌やりがそれぐらいの大罪にあたるという強いメッセージを公園管理者が発信していることに、少しうらやましく感じた(担当増田)。


25000カナダドルの看板_ジャスパー国立公園s

コメント (1)

イチゴ風味の飲むヨーグルト容器

 下の写真は7月18日に国道334号線知床横断道路で撮影されたものです(斜里警察署提供)。

 子グマの鼻先にあるものはイチゴ風味の飲むヨーグルトの容器です。おそらく、国道を走る車からポイ捨てされたものと思われます。捨てた当事者にとっては何気ない行為かもしれませんが、この体験が子グマの記憶の片隅に残っていれば、「道路に行けば、食べ物にありつけるかも」とふと思い出すかもしれません。

 野生動物にとって食べることは生きることです。中でもヒグマは食物に対する執着心が強く、食べ物を手に入れた場所に再び戻ってきたり、居座ったりすることはよくあります。

ごみのポイ捨てはどこであってもあるまじき行為ですが、さらにそれを野生動物が口にすれば、それは間接的な餌付行為にあたります。

野生動物が道路を餌場と学習してしまった場合、それは人にとっても動物にとっても、決して良い結末とはなりません。

どうか、ゴミを捨てないでください。直接・間接問わず、野生動物には食べ物を与えないでください。

(知床財団事務局長 増田)

IMG_3890-3
 
コメント (5)

2016(H28)年度ヒグマ事情

 標茶町で人身事故が発生しました。既に国立公園内を中心に目撃情報が寄せられています。雪解けも進み、散策や山菜採りなどで山に入る機会が増える時期に入ります。十分な注意と備えをお願いします。

 さて、大変遅くなりましたが、昨シーズンの状況をご報告しておきます。
 昨シーズン斜里町では目撃数1033件(H27年度1441件)、羅臼町では260件(同311件)と、いずれも一昨年を下回りました(今年2月末まで)。下は昨シーズンの斜里町羅臼町の月別目撃情報です。概ね全体としては落ち着いたシーズンでした(赤:昨年度 青:一昨年度)。

2017syari
斜里町の平成28年度(赤2月まで、青は一昨年度)の月別ヒグマ目撃件数
2017rausu
羅臼町の平成28年度(赤2月まで、青は一昨年度)の月別ヒグマ目撃件数

とは言うものの、これまでにも繰り返されていた課題はいまだ解決していません。具体的にはウトロ側では国立公園内の車道沿線や、サケマス釣りシーズンの釣り人との至近距離での遭遇、羅臼側では水産加工場残滓に誘引されての出没などが今年も発生しました。
 特にサケマス釣りの釣り人とクマとの間でのトラブルについては、一昨年に続き国立公園との境界にある幌別川(斜里町)において、釣り人の荷物や釣った魚がクマに奪われるなど危険事例が相次ぎ、立ち入り禁止措置が取られる事態となりました。その後出没頻度の減少や、事態の改善を願う釣り人有志による自主的な見回り活動などが行われることとなったこともあり、立ち入り禁止措置は解除されました
 この件に関しては、試験的な取り組みとして、さばいた魚の内臓などを有料で引き取る回収ボックスの設置なども行いました。そもそも釣り人がその場でさばいた魚の内臓にクマが誘引されることが誘引の一因であったためですが、これに関しては「もっとこのようなサービスを拡大してほしい」という肯定的意見と「釣り人を甘やかすな」という批判、賛否両論が寄せられました。

 毎年同じ原因で危険事例が繰り返されることを、我々としては何としても断ち切りたい思いが一番です。行動をおこした釣り人有志の皆さんも同じ気持ちです。一律に釣り人を締め出すことではなくマナーを守ってもらいながら、何とか状況を改善できないか、模索は今シーズンも続きます。

 この4月から知床のヒグマ管理の方向性を示した新たな「知床半島ヒグマ管理計画」がスタートします。新計画はヒグマ管理と言いつつ、むしろ地域住民や国立公園利用者に注意してもらいたいこと、してはいけないことを、いかにしっかりと伝え、守ってもらうか、という点に重きをおいています。

 「そんなに簡単にいくわけない」確かにその通りです。でも目標は高く掲げて、実現を目指し努力していきたいと思います(事務局長増田)。

 

 

コメント (0)

繰り返される悪質な不法投棄

 2016年9月17日、知床国立公園、世界自然遺産内、フレペの滝遊歩道にもほど近い道道知床公園線の道路沿いに投げ捨てられた塩鮭。通りがかった観光客の方から通報いただき、幸いヒグマが気づく前に回収することができましたが、本当に許せません。

世界自然遺産、国立公園内でも、毎年のように繰り返される不法投棄。我々はヒグマと人のトラブルを未然に防ぐために、ヒグマを誘引する食べ物や生ゴミなどの管理徹底を呼びかけていますが、一部の心無い行為がすべてを台無しにします。不法投棄は犯罪です。

cimg0485cimg0488

 

コメント (0)

来年に向けて

 2015年も残りわずかとなりました。1年を振り返ろうと思いましたが、齢のせいか、もう1年前の記憶も断片的というか、思い出せないので、その断片の中から、ちょっと思い返してみようと思います。
 ヒグマ対応では2012年に次ぐ、目撃・対応件数を記録、その対応に追われました。公園管理では知床岬など先端部地区の利用のルールを定めた知床半島先端部地区利用の心得の見直しが始まりました。野生動物を含む自然環境を資源と考えるなら、その保全と利用のバランスをどのように取っていくかが今大きなテーマとなっています。その上で地域に暮す皆さんや知床を訪れる皆さんに対し、今何がおきていて、何が問題となっているのか、何をしなければいけないか、実現したいのか、客観的事実や私たちの思いを伝え、実現することに試行錯誤した1年でした。深く反省しなければならないところですが、特に伝えることに関して、私たちはまだまだ工夫や努力が足りないと感じています。多くの人の共感を得られなければ、独りよがりな思いでしかないですから。


 今年は知床の世界自然遺産登録から10年の節目の年でした。2005年の登録から、その保全のための体制が整備され、その中で知床財団も現場に携わる立場として、さまざまな分野で関わってきました。この10年の間に、変わったこともあれば、変わっていないこともあります。どちらかというと、自然環境よりも、社会情勢、つまり人に関する部分のほうが変化が大きかったような気がします。


 現在、知床財団は世界自然遺産登録地を抱える羅臼・斜里の2町に展開していますが、10年前羅臼町にはまだ展開していませんでした。知床財団が文字通り、知床全体に関わるようになったのは遺産登録後のことです。知床財団という名に恥じない働きをしているかというと、まだまだ至らない点が多々あります。そういった意味では次の10年、真の意味で「知床の財団」として、地域に根差し、世界自然遺産である知床を深く知り、守り、伝えるという使命を果たすことができるか、問われることになるかと思います。その重さをしっかりと受け止め、前進していきたいと思います。


 事務局長 増田 泰

コメント (0)

ライブラリー