カテゴリー  森林再生

苗畑作業が始まりました

実施日:2016年4月22日(金)DSCF3455 ブログ用

ようやく苗畑までの雪が融け、苗畑での作業ができるようになりました。早速、大きな苗木を移植する準備を始めています。

春の移植ができる期間は、苗の葉が開くまでの
短い期間です。その期間に、移植する場所
に資材を運び込んだり、移植後の苗を支える支柱を立てたりしなければなりません。時期を逃さないよう、どんどん作業を進めています。

新緑が待IMGP4495 ブログ用ち遠しいような、まだ新緑が来て欲しくないような、そんな気持ちになる4月下旬の苗畑です。
(担当:森脩)

 

 

 

 

 

コメント (0)

「森づくりの道」 オープンに向けて(5/1予定)

実施日:2016年4月18日(月)

今日は、「しれとこ森づくりの道」の巡視を行いま
IMG_7701 ブログ用2した。知床自然センターの周囲は、雪が少なくなりササが立ち上がってきたものの、雪が吹き溜まるところや林内には雪がまだ残っています。そのため、来月のオープンに向けて、「森づくりの道」の周辺の雪が早く融けるように、スコップで雪に隙間を開ける「雪割り」を行いました。

全部の雪が融けるのは、もう少し先になりそうですが、
現在のところ、「森づくりの道」は5日1日(日)にオープンする予定です。自然センターにお立ち寄りの際は、
ぜひ「森づくりの道」も歩いてみてください。

(担当:森)

 

 

コメント (0)

「森づくり」を伝えること

実施日:2016年4月12日(火)

IMG_6720-001

4/20、知床自然センターはリニューアルオープンします。(リニューアルのご案内はこちら

館内の内装や展示の準備は、着々と進んでいるところですが、この日は、施設まわりの樹皮保護ネットの巻き直しを行いました。

このネットは、もちろんシカから木を守るためのものですが、これを目にした方が、「これはなんだ?」とか「シカってそうなんだ」などと疑問を持つきっかけにもなってくれればと思っています。

そして、そんな疑問から、知床の自然や森づくりに少し
でも関心を持っていただければほんとうにうれしい限り
です。


(担当:松林)

コメント (0)

運動地・春の巡視

DSCF3406 ブログ2

実施日:4月10日(日)

4月に入り全国から桜の便りが届いているものの、100平方メートル運動地はまだ雪に覆われ、桜が咲く時期はまだまだ先です。

今日は、先週に引き続いて運動地内の巡視を行いました。冬を経て、防鹿柵が壊れていないか、植樹していただいた苗が元気に育っているかを確認するためです。

この日は気温も高く、広い運動地の雪の中を歩き回ると汗ばむくらいでした。苗が冬の寒さを耐え抜いて、立派に枝を伸ばしている姿を見ると、木々のたくましさを感IMGP4464 ブログ2じます。苗たちが大きくなって、森を形作っていくよう、作業を進めていきます。

(担当:森)

 

 

 

 

コメント (0)

4月始めの運動地

実施日:2016年4月4日(月)

IMG_6588_

4月に入り、100平方メートル運動地の雪もだいぶ少なくなってきています。

この日は、本格的な森づくり作業の開始日を見極めるため、運動地の巡視を行いました。草原やササ原、標高の低い海側などには雪はほぼないものの、日陰や林内、雪が吹き溜まるところには、まだまだ雪が残っています。

ひとまず5月の連休前には作業に掛かれるだろうと目途をつけ、この日の巡視を終えました。

本格的な森づくりのスタートまであと少し、春一歩手前
といった知床の森です。


(担当:松林)

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG