カテゴリー  森林再生

「ダイキン工業 第11回知床ボランティア」 実施報告 

実施日:2016年9月23(金)∼26日(月img_9245%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

すっかり秋の景色となった知床に、ダイキン工業株式会社様から11名の社員の皆さまが、ボランティアとして訪れ、森づくりのお手伝いをしてくださいました。

今回は、8月の台風でで倒壊した防鹿柵の修理などをしていただきました。
実はこの防鹿柵、2011年にダイキン工業のボランティアの方々と設置した防鹿柵です。そして今回参加していた
だいた社員さんの中には当img_9313%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0時ボランティアとして、この柵を設置した方もいらっしゃいました。

柵の修理は丸太を持ち上げたり、長さ10cmの長い釘を打ち込んだり、体力や技術を必要とする作業もある一方で、道具を受け渡したり、柱を支えたりなど、こまごまと人手を必要とする作業もたくさんあります。11名の方に作業を手伝っていただき、大変助かりました。

そして、さすがは同じ会社の皆さん。今回知床で初めて対面した方もいたようですが、素晴らしいチームワークimg_9349%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0で予定よりも早く作業を終えることができました。

その他、苗畑の草取りや、作業地の整備などを行っていただきました。

また、お楽しみとしての宿舎での夕飯では、知床産シロザケやマイタケを前にして大いに盛り上がりました。天気にも恵まれ、食事もろとも楽しんでもらえたと思います。筋肉痛になった方もいた模様ですが、また知床に来てください。心よりお待ちしております!

(担当:森)

 

, コメント (0)

防鹿柵の補修を行っています

実施日:2016年9月2日(金)
dscf4247%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b02

9月に入り、知床は夏が終わってすっかり秋になっています。日中の気温が20℃に満たない日も出てきました。

この日は2003年に建てた防鹿柵の補修を、ボランティアの方と一緒に行いました。
この柵は木柱と金網で作っています。柵を設置してから13年が経過し、腐って根元から折れてしまった木柱が目立ってきました。まだ柵が倒壊する心配はありませんが、長い目で見ると、折れる木柱はこれからますます増えていきます。そのため現在、imgp6904%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8木柱と木柱の間に鉄柱を立て、木柱が折れても柵が倒れないようにする作業を進めています。

立てる鉄柱は長さ4mで、このうち1mを地面に打ち込みます。長い鉄柱を人力で打ち込むのは一苦労です。背の高い三脚を立てて、打ち込み器を吊り上げ、打ち込み器の自重とスタッフの腕力を利用して鉄柱を地面に打ち込みます。

その柱の数は約340本!全て人の手で行っているため、数年かけて作業を完了させる予定です。今年は、100本の鉄柱を立てるのが目標です。

本格的な冬が始まる前に、作業を進めていきます。

(担当:森)

 

 

コメント (0)

台風7号で防鹿柵が倒壊しました

実施日:2016年8月19日(金)img_0819%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8

知床は、台風と前線の影響で大雨が続いています。17日の夜は台風7号の影響で、強烈な風が吹き荒れていました。自然センターの周りでは、倒木や枝折れが相次ぎ、自然の力の大きさを実感せずには居られません。

そんな中、100平方メートル運動地を巡視をしたところ、川沿いにある防鹿柵の一部が倒壊していました。この柵は自立式(※)のため風で浮き上がってひっくり返っdscf4226%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8てしまったようです。この柵は人間の力ではなかなか動かせないほど、重たい柵です。どれだけ強い風が吹いたのでしょうか・・・・。

このままでは柵の中にシカが入ってしまうため、今日は柵の仮補修を行いました。倉庫から金網と 鉄柱を運び、ひとまず柵をつなぎ合わせました。本格的な補修は、9月にダイキン工業のボランティアの皆さんと行う予定です。

また台風が北海道に近づいてくるようです。知床にお越しの
際は、大雨にお気を付けくださimgp6801%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8い。

(担当:森)

※この柵は”自立式”の工法で設置していきます。通常柵を立てる際は、地面に穴を掘って柱を立てていきますが、この柵を設置している場所は川沿いで大きな石がたくさん埋まっていて穴を掘るのが困難なため、この柵は柱ごとに支柱を三角形に組み、横板を張って倒れないように”自立”させていく方法で立てています。

コメント (0)

知床自然教室の準備をしています

実施日:2016年6月25日(土)

この日は、ボランティアの方々と共に、知床自然IMGP6103ブログ用教室で使うフードハンガーの改修を行いました。これは、以前使っていたフードハンガーが古くなっており、さらに倒木によって壊れてしまったためです。

知床財団では、100平方メートル運動における交流事業の一環として、小学4年生から高校3年生までを対象とした自然教室を、夏に開催しています。これは、運動地の中でキャンプをしながら、森や川を探険をしたり、森づくりの作業をしたりして、自然体験をするというものです。毎年、約30∼40人ほどの子どもたちが参加しています。

ブログ写真のコピーそのとき活躍するのが、このフードハンガー!これは、食べ物や食器を高く吊して、野生動物に触れられないようにするものです。

知床の森は、運動地であってもヒグマやキツネが多数生息しています。そのため、食べ物やその匂いのついた食器をテントの中に入れたままにしておくと、野生動物を引き寄せてしまったり、奪われていまうため危険です。そこでテントで寝るときは、食べ物や食器を、車の中にしまったり、テントから離れた位置に設置してあるフードハンガーにぶら下げたりしています。フードハンガー
の高さは、約4m!

ボランティアの皆さんと知恵を出し合って、フード
ハンガーの改修が終わりました。今年の自然教室で
活躍してくれること間違いなしです!

(担当:森脩)

, コメント (0)

ササの刈り払いを行っています。

実施日:2016年5月28日(土)DSCF3864 ブログ用

ここ数日、知床は寒い日が続いています。先週まで30℃近い気温だったのがウソのようです。

今日は、「森づくりの道」の散策路でササの刈り払いを行いました。100平方メートル運動地では、ササが日当たりの良い場所にどんどん生えてきます。毎年刈り払いをしないと、散策路があっという間にササに埋まってしまいます。「森づくりの道」に限らず、作業道や植樹地など、そこら中にササが生えてくるため、刈り払いは夏場の重要な作業です。

ササはかなり硬く、刈り払いはかなり重労働!ササの根元が地面から出ていると、タイヤに刺さってパンクしてしまうことがあるため、地際から丁寧に刈り払いせねばなりません。それでも、森づくりのため日々作業を続けています!

(担当:森脩)

, コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG