カテゴリー  森林再生

「第18回知床森づくりの日・春」実施報告

IMG_92002017年5月12日(金)~16日(火)

知床の開拓跡地にかつてあった森を復元する取り組み『100平方メートル運動の森・トラスト』。この運動の一環として、全国から集まった皆さんと合宿形式で森づくり作業に打ち込む「第18回知床森づくりの日・春」を開催しました。

今回は、遠くは愛知や東京など北海道外から4名、そして道内から3名、計7名の皆さんにご参加いただき、苗木IMG_9220の移植や防鹿柵の補修などの森づくりのお手伝いをしていただきました。

当初は、雨の予報が並んでいましたが、ふたを開ければ連日絶好の森づくり日和。サクラの花と新緑に囲まれながら、いくつもの作業を進めることができました。

 



続きを読む →

, コメント (0)

「森づくりの道」オープンします。

IMG_8851実施日:2017年4月28日(金)

明日(4/29)のオープンに向け「しれとこ森づくりの道」の整備を行いました。

まだ一部の日陰や森の中には雪も残っていますが、ようやく知床にも春到来といった季節になりました。

この道のオープンと合わせ、いよいよ本格的な森づくり作業も始まります。知床にお越しの際は、そんな森づくりの様子もぜひご覧になっていってください。

(担当:松林)

 

, コメント (0)

まだまだ雪の運動地。

IMG_1580実施日:2017年3月27日(月)

この冬の知床は、今のところ大きく荒れることもなく、いつになく穏やかなまま、3月の末を迎えています。そんな中、この日は、歩くスキーを履いて、100平方メートル運動地の巡視を行いました。

各地の防鹿柵などに異状はありませんでしたが、荒れる日がなくとも雪はしっかりと積もっています。

この雪がなくなり地面が顔を出すまであとひと月(ぐら
いのはず)、この間いろいろ準備を進め、春の森づくり
を始める日を待ちます。

(担当:松林)

コメント (0)

冬の森づくりボランティア開催中

2月に入り流氷も押し寄せ、知床は冬期観光シーズンの真っ只中です。

2/11,12日、道内外から総勢11名のボランティアさんが集い、しんしんと降る雪の中、冬の森づくりボランティアを行いました。

IMG_0913今回の作業の対象地は、密植されたアカエゾマツ造林地です。
私たちの森づくりでは、このような環境に在来の広葉樹を入れ込む手法を検討しています。

ボランティアの皆さんには、アカエゾマツの枝払いなどの作業をお手伝いいただきました。

生い茂る枝からの落雪を避けるために、深くフードをかぶって作業に臨みます。

IMG_0917音もなく降り積もる雪の中、枝を引くノコギリの音が冬の森に一心に響きました。

 

この度、降雪にもかかわらず森づくりボランティアに参加いただいた皆様、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

(担当:草野)

, コメント (0)

「スノーシュー・歩くスキーコース」1/28(土)OPENします

今年も「スノーシュー・歩くスキーコース」がオープンします。


オープンを目前に控え、コースに案内標識を設置しました。
全長約6kmのコースに設置する案内標識は約100本もあり、毎年多くのボランティアさんの協力を得て行われています。

DSCF4333今年もコースの開設にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

冬の自然を満喫できるこのコースは、1/28(土)~3月中旬までのご利用を予定しています。

知床自然センターでは、スノーシューやコースマップの貸し出しも行っております。散策前には、ぜひお立ち寄りください。


コースの詳細は、こちら

(担当:草野)

, コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG