カテゴリー  知床自然教室

7日目(8月5日):またいつか、知床で ~第36回知床自然教室~

DSC_9749自然教室最終日。この日は期間中で最も暑い日になりました。それでも、心配は無用。なぜなら、すでに人間の世界に戻ってきているからです。あまりの暑さのため、閉会式の会場も冷房の効いた屋内に変更です。

仲間と過ごす最後の時間。笑顔あり、泣き顔あり、空港へのバスが出発する直前まで輪になって最後の歌を歌いました。

104-DSC_9808雨の日も暑い日も、知床の森と動物、そして仲間に囲まれて過ごした1週間。

子どもも大人もそれぞれの想いを胸にこの夏の知床を旅立ちます。

 また普段の生活の中で、たまにでもこの夏を、知床を思い出してもらえればうれしい限りです。


033-DSC_8710そして、またいつか、知床で。

 

 

 

 

 

 

, コメント (0)

第35回知床自然教室を開催しました。

2014tenugui

   今年の自然教室手ぬぐい ”クリックで拡大”

2014年7月30日~8月5日、今年で35回目となる知床自然教室を開催しました。

 今年の自然教室のテーマは「音」。

 

IMG_2983地元の斜里町や全国各地から集った子どもたちは、自分たちだけしかいない自然の中で、聞こえてくる風の音、雨の音、焚き火の音、ササ藪をかきわける音、湧き出す水が流れる音、そんなさまざまの「音」に囲まれながら、守り育てられる知床の森で一週間を過ごしました。 

コメント (0)

初日(7月30日):集合、知床へ。 ~第35回知床自然教室~ 

IMG_0033今年の参加者は、小学4年生から高校3年生まで33名。地元斜里町から、関東、関西から、九州から、また海外からも、生まれも育ちも違う子どもたちが知床に集いました。

斜里町役場での開校式。初めての参加者ももう何度も来ている参加者も、これからの1週間に何が始まるんだろうという期待と不安が入り混じった瞬間です。

 

IMG_2673開校式後、知床国立公園の玄関口、ウトロの街へと移動します。今日は、ウトロ漁村センター(公民館)で宿泊です。

夕食後、なぜ知床でこの自然教室が行われているのかを100平方メートル運動の歩みを描いた絵本で学びました。それから、緊張をときほぐすための遊びの時間です。飛んだり跳ねたり歌ったり、そんな時間の中で、それぞれ仲間と打ち解けていきました。

いよいよ明日から、野外生活の始まりです。

 

コメント (0)

2日目(7月31日):野外生活の始まり ~第35回知床自然教室~ 

IMG_2744今日から野外生活(キャンプ)の始まりです。

ウトロの街から約5キロ、歩いてキャンプ地「ポンホロ」を目指します。今日は晴れ。いつも以上に良いペースでどんどん歩き、時間通りに到着することができました。

通称ポンホロ、ここが自然教室の舞台です。電気もガスも水道もなにもない知床の森の中、これから5日間、生きていくための準備を進めていきます。

IMG_2768テントを立て、かまどを作り、トイレの穴を掘り、水をくみ、やらなければならないことは盛りだくさん。仲間と力を合わせ、終わった頃には、もう夕食の支度です。

 
夜7時。すっかり日も落ち、辺りは暗闇。ちょうどこの頃、海の方からだんだんと怪しげな雲が流れ始めてきていました。それでも、片付けを済ませて、後は寝るだけ。寝袋にくるまって、野外生活最初の夜が過ぎていきます。

 

コメント (0)

3日目(8月1日):大雨→森ンピック ~第35回知床自然教室~

IMG_2800夜中、激しい雨。夜明けの早い夏の北海道でもまだ暗い時間。とりあえずテントの中で耐えるしかありません。これも自然の中で暮らす定めです。幸い、6時過ぎには雨雲も去り、青空が見える朝になりました。


今日は、今年で8回目を数える「森ンピック」の日。班毎に、キャンプ地ポンホロの中をぐるぐる歩き、知床の自然について学んでいきます。

DSCF2148知床自然教室のスタッフには、知床博物館の学芸員を始め、知床のスペシャリストが揃っています。「森ンピック」では、チェックポイントで待ち受ける専門家が、動物や鳥、植物から地質に至るまで、知床にまつわる専門分野の解説を繰り出します。

そして、解説の最後には、難問奇問のクイズが出され、良くできた班には、リーダー手づくりのオリジナルの木笛が渡されました。

夜中の大雨から専門家の話まで、知床の自然をまさに体験し、学んだ一日になりました。

 

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG