カテゴリー  普及

羅臼小学校でクマ学習を実施しました。

  9月9日(水)に羅臼小学校3年生と4年生、5年生を対象にクマ学習を実施しました。

  3年生と4年生は、2学年合同での授業でした。「ヒグマは普段どこにいて何を食べている?」など基本的な学習から始まり、本物の毛皮などに触れるハンズオン、ヒグマに出会った時の“あいことば”など、順を追って学習しました。みんなにヒグマを見たことがあるか聞いてみると、半数以上の生徒が手を挙げました。さすが羅臼の子たちです。しかし、ヒグマがシカや蟻を食べることなどを紹介すると、3~4年生全員が驚いていました。身近な生き物であってもヒグマが何を食べているか、という基本的なことは実は意外と知らないものです。
  授業の最後はヒグマのワークシートを配り、生徒全員にヒグマの絵を描いてもらったり、今日学んだ生態や対処法について書いてもらったりしました。
DSCN0247


 

 

 

 

 

  5年生のクマ学習では、“ヒグマを知ろう!”をテーマにヒグマの体の特徴など基本的な事についてスライドやパウチシート、本物の毛皮や頭骨を使って学びました。今年の羅臼小学校の5年生にとってクマ授業を聞くのは今回が初めてです。そして知床財団オリジナルの絵本「しれとこのきょうだいヒグマ ヌプとカナのおはなし」や、実際に羅臼であったヒグマと人の生活の間に起こった事例を通して、クマと人が上手く付き合っていくにはどうすればいいのかを一緒に学習しました。最後に、生徒たちには「ヒグマ新聞」を作ってもらい、今回の学習で学んだことを自分で考えながら書いてもらいました。
  生徒たちにとって初めてのクマ学習でしたが、クイズがあれば積極的に答え、「ヒグマ新聞」も悩みながら一生懸命書いてくれました。

  ヒグマとの距離が近い知床で暮らす子供たちが、クマ授業を通してヒグマとともに暮らす町について考えてくれたらと思います。
(担当:茂木、小川)
IMG_0348

コメント (0)

北海学園大学の研修のひとコマを担当しました。

 8月25日に北海学園大学経済学部の研修のひとコマを担当させていただきました。羅臼ビジターセンターの館内のご案内と、一時間ほど「知床の自然の現状と課題」というテーマで講演を行いました。
 講演は、知床の自然環境や世界自然遺産としての知床の課題や取り組みについてなど多義にわたりましたが、全員熱心に話を聞いている姿が見受けられ、時折メモをとったり話の内容に驚きの声があがったるすることもしばしばでした。
IMGP4666
 知床の自然のことをテレビや書籍で見ることはあっても、実際に現地で働いている職員から話を聞いたり町の様子を見たりする機会はあまりなく、学生のみなさんにとっては新鮮だったのかもしれません。この研修が参加してくれた学生の皆さんにとって、知床の自然の現状について深く考えるきっかけになればと思います。

(担当:山本、インターン茂木)

コメント (0)

羅臼の「こまぐさ学級」でクマ学習を実施しました。

  8月25日(火)、羅臼町にお住いの60代以上を対象にした“こまぐさ学級”のひとコマをお借りし、クマ学習を実施させていただきました。
  当日は14名の方が参加され、公民館の和室で和やかな雰囲気のなか、1時間程度の学習を行いました。参加した皆さんはとても熱心で、途中メモをとったり、質問を投げかけてくれたりしました。

ヒグマ学習教材トランクキットで熱心に学習するこまぐさ学級の参加者

ヒグマ学習教材トランクキットで熱心に学習するこまぐさ学級の参加者

  羅臼町は、ヒグマが暮らす場所と非常に近い距離で人々の生活が営まれているところです。町民の皆さんは、それなりにヒグマに対して興味があり、それでも実際ヒグマがどんな生き物なのか、どうしたら接触を避けられるのか、意外に知る機会が少ないのが現状です。
  今、羅臼町では小学校、中学校、高校でのクマ学習を毎年実施していますが、こまぐさ学級のような世代への学習の場はなかなか実施できていませんでした。このような機会は、私たち知床財団としても、とてもありがたいことです。これからもぜひ続けていきたいと思っています。
(担当:山本)

コメント (0)

世界遺産タウンミーティング開催されました

 8月2日世界遺産タウンミーティング「人と野生動物の折り合いの付け方」が開催され、知床財団も実行委員会の構成団体として、運営に参加しました。
 冒頭、米国地理研究所上席野生生物研究員、広域連携ヒグマ研究チームリーダーフランク・ヴァン・マネンさんに「イエローストン国立公園の大型哺乳類の保護管理」というテーマで、主にヒグマの保護管理について紹介していただきました。また地域からは、地元斜里高校、羅臼高校から、高校生の目線でこの問題を捉えた報告と、知床ユネスコ協会から羅臼、斜里両地区の実情について報告がありました。
 これらの報告の後、参加者全員でディスカッションをおこないましたが、予定時間を30分オーバーするほど、熱い議論が交わされました。

フランク・ヴァン・マネンさんからの報告

フランク・ヴァン・マネンさんからの報告

斜里高校生による報告

斜里高校生による報告

羅臼高校生による報告

羅臼高校生による報告

 

, コメント (0)

JA斜里町に展示を作りました。

DSCN3676斜里町市街地にあるJA斜里町1階のJAバンクの入口にスペースをご提供いただき、知床財団展示を作りました。
ヒグマと身近に暮らす地元住民の皆さんだからこそ知っていただきたい「ヒグマと人の間で起こっている問題」「その問題を防ぐために私たち知床財団がおこなっていること」をわかりやすく紹介しております。実際のヒグマの大きさを体感していただくために、実物大のオスのヒグマの模型も展示してます。
また、展示場所がJAということで「ヒグマが食べる農作物は何?」のクイズも作りました。

DSCN3674

ヒグマが食べる農作物クイズ。意外な答えもあります!

展示期間は8月末までとなっております。
お近くにお住まいの方はぜひご覧ください!

(担当:田中)

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG