カテゴリー  野生動物の調査対策

31年ぶりのヒグマによる人身事故について

2017年10月9日に、知床半島(斜里町・羅臼町)では1986年以来31年ぶりとなる、ヒグマによる人身事故が発生しました。
事故現場は斜里町の朱円東地区。半島つけ根寄りの広大な畑作地帯の端の方で、最近観光地として有名になってきた「天に続く道」のすぐ近くです。

当初の一部報道では、「ハンター(地元の猟友会員男性)が親子グマの子グマの方を先に撃ってしまった結果、怒った母グマに逆襲されて負傷した」というような内容が流されていました。
しかし、関係する行政・研究機関・猟友会斜里分会・知床財団などで、現場も含めて詳しく調査した結果、まったく異なる状況であったことが判明しました。

DSC08116_事故現場cs

 

詳しくは、斜里町が事故直後に立ち上げた「ヒグマ人身事故対策本部」による下記の報告書をご覧ください。

171127WG資料_斜里町ヒグマ人身事故報告書

 

(担当:石名坂)

, , コメント (0)

とある鳥の死

斜里からウトロへ走っている途中、道路上に大型の鳥の死体を発見しました。

まさかオオワシ!?と思って確認してみると、オオセグロカモメの交通事故死体でした。

オオワシでなくてほっとしたのですが、ここでふと疑問がわき上がってきました。

オオセグロカモメは死んでもいいのか?天然記念物じゃないから?希少種じゃないから?

そうではないはずです。

確かにオオワシは希少な鳥です。

しかしこのオオセグロカモメの命も一つしかなかったものです。

私はいつの間にか命を天秤にかけているのだと気が付きました。

オオセグロ02

自動車というものは野生動物にとって非常に恐ろしいものです。知床は野生動物が多い反面、ロードキルで死亡する動物も多いのです。エゾシカ、キツネ、タヌキ、カラス類、カモメ類が多く、ごく稀にヒグマも交通事故に遭います。

もちろんわざと動物を轢く人などいないでしょう。しかし少しゆっくり注意深く運転していれば避けられた事故もあるのではないでしょうか。

(担当:能勢)

コメント (0)

電気柵の撤収作業

知床は雪が舞う季節になりました。

つい先日まで活発に活動していたヒグマたちも、そろそろ冬眠に入ったのかもしれません。

ヒグマの出没騒動もだいぶ落ち着いてきました。

 

毎年、雪が積もり始めると、電気柵の撤収作業が待っています。

電気柵が完全に雪に埋もれてしまうと、電気柵のラインが断線してしまうため、

区間によってはラインを落としたり、ポールや杭の回収を行います。

DSCF5288-1

 

 

 

 

 

 

 

この電気柵は、ヒグマの市街地侵入を防止する目的で設置しており、

ウトロの町をぐるりと一周囲う形になっています(総延長は約7.5km)

(電気柵にヒグマが触れると電気ショックが起こる仕組みです。

 接触すると強いショックを受けますが、流れる電気は基準に沿った安全なものです)

 

電気柵は、ヒグマの市街地侵入を100%防いでくれる訳ではありませんが、

ウトロの町を守ってくれる心強い道具です。

今年一年、お疲れ様でした。

 

コメント (0)

ひたすらヒグマを追い払いました

2017年10月8日(日)

連休のどまんなか、岩尾別川河口にて、ゴム弾・花火弾を使用してひたすらヒグマを追い払いました。

岩尾別川河口に出てくるヒグマを見下ろす絶好のポイントは、道路の急カーブ連続区間になっています。ヒグマ待ちのカメラマンの車両や人に吸い寄せられて、カーブの真ん中で車を止める人が続出します。さらに河口にヒグマが見えようものなら、適当にとめた車をほったらかして、写真のようなありさまです。

171008_Poropinai-Curve-BearJam1PM

とまっている車をよけて走ろうとすると、どうしても対向車線にはみ出ることになります。しかし、カーブの向こうの対向車は全く見えません。

171008_Poropinai-Curve-BearJam1

 

 

 

 

 

171008_Poropinai-Curve-BearJam3

 

私たちが運転していても、正面衝突の恐怖を感じる状態です。車をとめている人たちは、なんとも思わないのでしょうか?

続きを読む →

, コメント (2)

キツネにエサをあげないで

今日、キツネにエサが撒かれていると通報がありました。

現場に行ってみると、コーンフレークやクラッカーのようなものが歩行帯に撒かれ、それをキツネが食べていました。

場所は世界自然遺産エリア内です。

キツネ餌付け

キツネ餌付け2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達はキツネを追い払って散らばった食べ物を回収しました。

一度餌付いた動物はまた道路に出て来ます。そして道路は鉄の塊が高速で走り回る危険な場所です。

その動物がどうなるか想像してみてください。

野生動物に餌をあげないでください。

それは相手を理解しない、一方的で歪んだ愛情です。

もう繰り返さないでください。

どうか。

(担当:能勢)

 

, コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG