カテゴリー  第36回開催報告(2015)

5日目(8月3日):森づくりの日 ~第36回知床自然教室~

070-IMG_2250今日は「森づくりの日」。全員で知床自然センターの隣にある「森づくりの道」に向かいました。この道は、知床の森づくりを多くの人に知ってもらうために、昨年の夏にできたものです。

2012年にできたこの柵の中では、毎年ワラビを刈り取っています。何年か刈り取りを続け、やがてワラビの勢いが弱くなったころ、ようやくその影に隠れていた小さな木々が背を伸ばす環境が整います。

IMG_2310

数年後のその 頃には、今年の自然教室の子どもたちもその年月分だけ大きくなっているでしょう。

 

夜、みんなで火を囲み、歌を歌いました。今晩が、ポンホロで過ごす最後の一夜です。

 

 

, コメント (0)

6日目(8月4日):さよならポンホロ ~第35回知床自然教室~

081-IMG_23785日間の野外生活も今日で終わりです。

テントをたたみ、使った道具を確認し、かまどを元通りに直して、トイレの穴も埋めました。

最後にポンホロにありがとうのあいさつを言ってから、ウトロの街へと歩き出します。

漁村センターに戻り、鍋やテントの片付けを終えた後、数日ぶりのお風呂へ行きました。

71-DSC_9487知床最後の夜は、みんなでバーベキュー。ただ食べるだけの食事も何日かぶり。自然教室に来る前は「あたりまえ」だったことが、いまは「特別」なことになっています。

みんなで過ごす時間もあと少し。

最後は、キャンプファイアーを囲み、歌って踊って、余は更けていきました

, コメント (0)

7日目(8月5日):またいつか、知床で ~第36回知床自然教室~

DSC_9749自然教室最終日。この日は期間中で最も暑い日になりました。それでも、心配は無用。なぜなら、すでに人間の世界に戻ってきているからです。あまりの暑さのため、閉会式の会場も冷房の効いた屋内に変更です。

仲間と過ごす最後の時間。笑顔あり、泣き顔あり、空港へのバスが出発する直前まで輪になって最後の歌を歌いました。

104-DSC_9808雨の日も暑い日も、知床の森と動物、そして仲間に囲まれて過ごした1週間。

子どもも大人もそれぞれの想いを胸にこの夏の知床を旅立ちます。

 また普段の生活の中で、たまにでもこの夏を、知床を思い出してもらえればうれしい限りです。


033-DSC_8710そして、またいつか、知床で。

 

 

 

 

 

 

, コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG