活動報告BLOG

地元の学校でクマ授業を行いました

実施日:2017年5月20日(土)

ヒグマクイズに元気に答える生徒たち

ヒグマクイズに元気に答える生徒たち

毎年恒例であり、私たちにとっても大事な授業である「クマ授業」を地元の知床ウトロ学校で実施しました。
今回は公開授業とのことで、親御さんが見守る中、授業はスタートしました。
1時限目の1~4年生クラスでは、まずヒグマはどんな動物なのかを学び、ヒグマに出会った場合の対処法をヒグマの着ぐるみ(通称:アニエス)を用いて、実践さながらに学んでもらいました。
「ヒグマを見たら、騒がず、ゆっくりその場を離れて、学校の先生、もしくはお父さんお母さんに知らせましょう。」


2時限間の5~9年生クラスではヒグマ基礎知識はもちろんのこと、もうワンステップ進んで“私たちが身近にできるヒグマ対策”をみんなで意見を出し合って考えてもらいました。
「クマの手が届く場所に食べ物を置かない、エサをあげない」など、頼もしい意見がたくさん出ました。

kuma3kuma2


知床ウトロ学校では、このクマ授業を毎年1回行っています。
つまり、9年生は今回9回目の授業となりました。
人とヒグマがうまくやっていくためにはどうすればいいのか…この授業を通して、児童・生徒の皆さんに考えてもらえたらいいなと願っています。

私たちもクマ授業を継続して行っていきたいと思います。

(担当:田中)

 

コメント (0)

「第18回知床森づくりの日・春」実施報告

IMG_92002017年5月12日(金)~16日(火)

知床の開拓跡地にかつてあった森を復元する取り組み『100平方メートル運動の森・トラスト』。この運動の一環として、全国から集まった皆さんと合宿形式で森づくり作業に打ち込む「第18回知床森づくりの日・春」を開催しました。

今回は、遠くは愛知や東京など北海道外から4名、そして道内から3名、計7名の皆さんにご参加いただき、苗木IMG_9220の移植や防鹿柵の補修などの森づくりのお手伝いをしていただきました。

当初は、雨の予報が並んでいましたが、ふたを開ければ連日絶好の森づくり日和。サクラの花と新緑に囲まれながら、いくつもの作業を進めることができました。

 



続きを読む →

, コメント (0)

野生動物の交通事故注意!

交通事故タヌキ2

最近、エゾタヌキの交通事故が増えています。

4月にはいってから交通事故で収容したタヌキは3頭。いずれも死亡していました。

仮にシカやヒグマと衝突すれば車も無事ではすまないでしょう。

野生動物は交通ルールなど理解できませんから、いきなり飛び出すこともあります。

特にタヌキやキツネ、シカは夜に道路に出て来ることが多いです。

ドライバーの皆様、野生動物にもやさしい運転をお願いします。

(保護管理研究係:能勢)

 

コメント (0)

「森づくりの道」オープンします。

IMG_8851実施日:2017年4月28日(金)

明日(4/29)のオープンに向け「しれとこ森づくりの道」の整備を行いました。

まだ一部の日陰や森の中には雪も残っていますが、ようやく知床にも春到来といった季節になりました。

この道のオープンと合わせ、いよいよ本格的な森づくり作業も始まります。知床にお越しの際は、そんな森づくりの様子もぜひご覧になっていってください。

(担当:松林)

 

, コメント (0)

まだまだ雪の運動地。

IMG_1580実施日:2017年3月27日(月)

この冬の知床は、今のところ大きく荒れることもなく、いつになく穏やかなまま、3月の末を迎えています。そんな中、この日は、歩くスキーを履いて、100平方メートル運動地の巡視を行いました。

各地の防鹿柵などに異状はありませんでしたが、荒れる日がなくとも雪はしっかりと積もっています。

この雪がなくなり地面が顔を出すまであとひと月(ぐら
いのはず)、この間いろいろ準備を進め、春の森づくり
を始める日を待ちます。

(担当:松林)

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG