活動報告BLOG

「第21回森づくりワークキャンプ」実施報告

実施日:2017年10月30~11月4日

「100平方メートル運動の森・トラスト」の森づくりイベント「第21回森づくりワークキャンプ」を開催しました。

ワークキャンプは、5泊6日の合宿形式で行われる森づくりイベントです。今年も全国各地から13名の参加者が集いました。

ワークキャンプでは、毎年、広葉樹の大型苗を移植しています。

大きく育てた苗木には、樹皮保護ネットを巻くことができるため、エゾシカが生息する運動地の森にも移植することができます。大型苗の移植は重労働です。しかし、ワークキャンプ参加者の皆さまは、森づくり作業に慣れた経験者が多く、息の合ったチームワークで作業をこなしてくれました。そして、今年も8本の大型苗を移植することができました。

work_camp_1

 

 

 

 

 

 

 

その他にも、台風の影響で倒壊した防風柵の補修も行うことができました。

防風柵は、強風により木が育たない地に設置しています。当日も強風が吹き荒れる中の作業となり、知床の自然の厳しさを体感しながら、防風柵の補修を行いました。

work_camp_2

 

 

 

 

 

 

 

ワークキャンプ参加者の皆さま、お疲れ様でした。今年も皆さまのご協力により、予定通り作業を終えることができました。
また来年お会いできることを、スタッフ一同心より楽しみにしております。

(担当:草野)


〈ボランティアさんからの一言〉

・初めての参加で不安もありましたが、長年参加者の方が築かれてきたあたたかい雰囲気の中、楽しく過ごすことができました。(S・Wさん 20代男性 福岡県)

・いつもの事ですが、私はスタッフと参加者の方々の「温かさ」と「一つの目的に真っ直ぐに向かう心意気」にふれるのが楽しみで、毎回参加させて頂いています。”人間”が第一です。今回も皆さん、ありがとうございました。(M・Kさん 60代男性 札幌)

・移植した苗、全部活着して知床の大空を覆えよーっ!(S・Tさん 70代男性 三重県)

・初めて参加しましたが、スタッフの方や他の参加者の皆さんが、親切丁寧に色々教えて下さいました。楽しい時間を過ごせました。(Y・Tさん 50代女性 斜里町)

・こんなに楽しい、素晴らしい、ワークキャンプ。最高!ぜひ若者に体験してもらいたい。人生の宝物になること保証します。何がいいのか、来てみないとわからないんだな。(T・Tさん 70代女性 三重県)

, コメント (1)

コメント 1件

  1. スタッフの皆様、参加者の皆様5泊6日のワークキャンプお疲れ様でした。
    終了後Wさんと斜里、網走を周り、その後一人で道内をめぐり、
    小樽〜新潟・東京・横浜と季節の移り変わりを感じながら本日帰りました。

石井 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ

旬の自然情報BLOG