活動報告BLOG

防鹿柵の冬支度

DSCF2793期間:2015年11月19日(木)~11月23日(月)

秋色のカラマツもすっかり葉を落とし、冷たい風が身にしみる季節になりました。本格的な冬の到来もすぐそこです。知床の厳しい冬を越すためには、動物も人も冬支度を怠れません。

遠くに見える知床連山は少しづつ冬を装い、時折ちらつく雪に急かされながら、シカ柵の補修やかさ上げ作業を行っています。

(担当:草野)

 

コメント (2)

コメント 2件

  1. カラマツも葉を落としましたか。先日のキャンプで一匹だけ目にした雪虫の姿を思い浮かべています。
    これからの厳しい季節、森を護るお仕事大変ですね。どうぞ体に気をつけて下さい。
    • said: 知床財団 on
      ありがとうございます。冬を迎える前は、すこし緊張します。でも、一面雪に覆われると不思議と気持ちも落ち着き、すっかり冬の静寂に魅了されてしまいます。機会がありましたら、冬の知床にもぜひお越しください。先日オオワシが飛んでいました。

      知床財団 草野

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ

旬の自然情報BLOG