活動報告BLOG

4日目(8月2日):探検の日 ~第36回知床自然教室~ 

44-IMG_2039今日は「探検の日」。目的地は、知床国立公園の外にある森です。

6時半、朝食を済ませ、必要なものをザックにつめ込み探検へと出発です。まずは、車で目的地の近くまで移動。そこからはもちろん歩きです。

川を越え、足を取られる湿地をかわし、いくつもの森の中を歩きました。一口に「森」と言っても、その表情は様々です。

047-IMG_2037人の手がほとんど入らずに大木が多く残る場所はもちろん「森」です。一方、人が木を植えたいわゆる植林地もまた「森」です。

途中、人が切り開いた高台に行き当たりました。目の前に広がるオホーツク海。人にとっては最高の見晴らしです。しかし、ここにもかつては森がありました。

遮る物がなく照り付ける日差しにさらされ、あまりの暑さにここには長居することはできません。そうそうに森の中へと逃げ込みました。
DSC_8748-001
国立公園も世界遺産もあくまで人間が引いた線。その外にも中にも知床の自然は存在します。

そして、そのどちらにも人間の関わりが、今も昔もこれからもあり続けます。

ポンホロに戻り、この日の締めくくりは、五右衛門風呂。この風呂釜もかつての開拓当時に使われていたものです。

 

, コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ

旬の自然情報BLOG