活動報告BLOG

樹皮保護ネットの補修作業を行いました

樹皮保護ネットを巻いたキハダも、今年は大豊作!まだたくさんの実をつけていました。

樹皮保護ネットを巻いたキハダも、今年は大豊作!まだたくさんの実をつけていました。

実施日:2015年2月8日(日)
天気:晴れのち曇り、風やや強い

シカが好んで食べる樹種(キハダやハルニレなど)を中心に、運動地内では約800本の木に樹皮保護ネットを巻いています。

 

 

 

 

風雪などによって、破けてしまった樹皮保護ネット。

風雪などによって、破けてしまった樹皮保護ネット。

今回は、北海道内外からお越しくださったボランティアさん6名とともに、耐用年数が過ぎ、穴が空いてしまったネットの補修作業を行いました。

 

 

 

 

 

こんなに深く掘らないといけないことも!

こんなに深く掘らないといけないことも!

今回は、全体を取り換えるのではなく、破けた穴をふさぐ様に補修していきました。
下まで破けてしまっている場合は、根元からネットを巻き直す必要があるため、雪堀りからスタートです。
これが結構な、重労働!寒空の中、汗をかきかきの作業でした。

 

 

 

 

参加くださったボランティアの皆さん、ありがとうございました!

参加くださったボランティアの皆さん、ありがとうございました!

おかげさまで、約20本分の樹皮保護ネットの補修作業を終えることができました。
風が吹く、寒い冬の外作業。参加くださった皆さん、本当にお疲れさまでした!

(担当:喜内)

, コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ

旬の自然情報BLOG