活動報告BLOG

暴風雪後、運動地の巡視に行ってきました

開拓小屋。これからどんどん雪が降り積もり、2月頃には1階部分はすっぽり埋まります。

開拓小屋。これからどんどん雪が降り積もり、2月頃には1階部分はすっぽり埋まります。

実施日:2014年12月20日(土)  天気:晴れ

先日、日本全国を縦断した大型の低気圧。

ここ、知床も大荒れでした。

激しい地吹雪に暴風雪警報が発令され、ウトロは陸の孤島になりました。

そのウトロ市街よりも半島先端側に行くほど、気温は下がり、風も強さを増していきます。

 

続きを読む →

コメント (4)

2014年ウトロ小学校「環境教育授業」

環境教育授業をウトロ小学校で実施してきました。実施日と授業内容は11月6日に3~4年生は「ミズナラどんぐりの実なり調査」、12月8日に5~6年生は「ウトロの電気柵・市街地柵について知ろう」です。

 「ミズナラどんぐりの実なり調査」 対象:3、4年生

どんぐりカウント中!!

どんぐりカウント中!!

毎年継続的な調査をやってみたいというリクエストから、小学校の近くにあるミズナラどんぐり実なり調査を今年も実施しました。調査木2本の下に1m×1mで調査区を設定し、どんぐりのカウントやサイズを測ってもらいました。多い区画では800個のどんぐりが見つかりました。

調査した2本の木でも、どんぐりの大きさや数の違いに大きな差が出ることを子ども達は発見し、「どんぐりのなる量を増やすと実が小さくなるのかもしれない。」「どんぐりが少ない木は来年に力を残しているのかもしれない。」など多くの意見を発表してくれました。また、どんぐりの豊凶はどんぐりを餌としている動物にとっては死活問題であることなど勉強してもらいました。

 

 

 

「ウトロの電気柵・市街地柵について知ろう」 対象:5、6年生

電気柵撤去中!

電気柵撤去中!

ウトロの町は市街地柵(フェンス)、さらにウトロ小中学校は電気柵に囲まれています。それはなぜか。柵がなかった頃の町はどうなっていたかを勉強しました。授業後半には電気柵の仕組みを知ってもらい、実際に小中学校の周辺に張ってある電気柵をスタッフと一緒に撤去しました(春に電気柵は再設置します)。

流石のヒグマ授業を毎年受けている子ども達でさえ、市街地柵のなかった頃は「授業中に教室からグラウンドを歩くクマが見られたことがあった。」と聞いた時は、驚いていました。また、「毎年電気柵撤去などの作業を学校の周辺でやっているのは知らなかった。大変な作業だと思う。頑張ってください。」と感想をもらいました。

 

昨年のどんぐり調査ではどんぐりを見つけることさえ苦労するような不作年でした。その為、昨年と比較すると今年はかなりの豊作だということがわかりました。早くも来年のどんぐりの実なりの状況が気になります。来年の調査が楽しみです。続けていたらウトロの町中のどんぐりの豊凶は小学3,4年生に聞いたらわかる!なんて日がくるかもしれませんね。

昨年の授業風景http://www.shiretoko.or.jp/report/2013/11/1901.html#more-1901

 

(担当:土屋)

 

コメント (0)

「しれとこ森づくりの道」(シカ柵コース)冬季閉園しました

雪の重みで看板が壊れないように、外しました。

雪の重みで看板が壊れないように、外しました。

今年の7月末にオープンした、100平方メートル運動地公開コース「しれとこ森づくりの道」(シカ柵コース)は、本日12/13(土)をもって、今季の利用を終了いたしました。

なお、1月下旬より、スノーシューなどで歩く冬のコースがオープン予定です。

 

 

 

シカ柵内の様子。これから来る本格的な冬を越え、春には花が咲くでしょう。

シカ柵内の様子。これから来る本格的な冬を越え、春には花が咲くでしょう。

雪が降り、哀愁漂う秋の森から、キラキラ輝く白銀の森へと、景色は一変しました。

 開園中は、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

シカ柵コースは、来年、雪が融ける5月中旬頃にオープンする予定です。

シカ柵コースについて詳しくは、コチラ

http://100m2.shiretoko.or.jp/news/181.html

 

(担当:喜内)

コメント (0)

トド調査続報その1(2014年度冬季)

11月10日に当ブログで「今季のトド調査スタート」とお知らせしましたが、続報その1です。

10月末以降の調査実施日の中では、11月8日がある程度まとまった頭数の群れの「初認日」でした。
その後、知床半島東岸(羅臼町南部~標津町北部)でのトドの確認頭数は例年どおり徐々に増えており、
12月7日には6ヵ所ある調査定点のうちの1ヵ所で、46頭以上の遊泳個体を発見しました。

トドの遊び行動(背面跳び) 2014年12月7日撮影

トドの遊び行動(背面跳び) 2014年12月7日撮影



ただし今年度は20年以上ぶりに、11月の早い
時期から群れに対する強い攪乱があるため、
トドの警戒心がやや強くて遊泳個体をカウント
しにくい状況です。
そのため、定点から見えていたトドの実際の
頭数は、もう少し多かった可能性があります。

 


今季はこれまでに、計3頭の標識個体の全文字判読に成功しました。
この3頭のうちの1頭(Б 745)は、2012年度と2013年度にも羅臼町沿岸の定点で観察
されています。
つまり、3冬連続で知床半島東岸(根室海峡北部)へやって来たことが確認されました。

ロシアによるトドの標識個体の例: Б745 (2014年11月30日撮影)

ロシアによるトドの標識個体の例: Б745 (2014年11月30日撮影)Panasonic HC-V520M

 

 

 


続きを読む →

コメント (0)

第18回森づくりワークキャンプ実施報告

大型苗の掘り取り。移植後の成長に必要十分かつ重すぎない土の量に!なかなかコツがいります。

大型苗の掘り取り。移植後の成長に必要十分かつ重すぎない土の量に!なかなかコツがいります。

期間:2014年10月30日(木)~11月4日(火)

知床の開拓跡地に原生の森と自然を取り戻すための取り組み、『100平方メートル運動の森・トラスト』。この運動の参加者の皆さんが実際に現場スタッフと共に森づくり作業に汗を流す「森づくりワークキャンプ」を10月30日~11月4日の日程で実施しました。
今年で18回目を迎えたワークキャンプ。今回は13名の皆さんにご参加いただき、合宿形式で寝食を共にしながら森づくり作業に打ち込む6日間を過ごしました。

続きを読む →

, コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG