活動報告BLOG

スキーコースの巡視に行ってきました!

白銀に映えるトドマツの樹皮。いつ見ても美しい!

私のイチ押し!白銀に映えるトドマツの樹皮。赤い看板が、コース表示板です。

実施日時:2014年1月25日(土)

コース上は昨年より雪が少ないものの、辺り一面雪景色。

スノーシューが少し埋もれる程度の雪を踏みしめて、奥地へ入っていくことができます。

 OPEN初日は、雪面を歩いて道筋をつけながら、ところどころに立てているコース表示板の位置の確認と固定を行いました。

今回は、地元斜里町および遠く静岡から駆けつけてくれた2名のボランティアさんと、普段インフォメーションに携わるスタッフが参加してくれました。

  

 

 

ちょっとの風などでは倒れないように、山を作って踏みしめていきます。

ぐらつかないように、山をつくって踏みしめていきます。

時折、雪が舞う天気でしたが、気温も穏やか、計5時間ほどのスノーシュートレッキング&作業で、薄着でも汗をかくほどでした。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

夏のみ使用する開拓小屋の外に設置されたシンク。造形美です。

夏のみ使用する、開拓小屋の外に設置されたシンク。

自然が作り出す造形美に感嘆したり、冬ならではの発見を楽しみながらの作業でした。

知床自然センター近隣の森には、ヒグマが高密度で生息しています。

そんなヒグマの息吹が色濃い森の奥地に、ヒグマが寝ている間に皆さんも行ってみませんか?

 

(担当:喜内)

コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ

旬の自然情報BLOG