活動報告BLOG

スライドレクチャーを実施しています*秋編

知床自然センターではダイナビジョン121203suraidorekutya-_inoue.jpg館で上映される「四季・知床(有料)」をご覧いただいた方に、無料で上映後にスライドレクチャーを実施しています。約15分間のスライドレクチャーでは季節に応じた「今」の知床の自然の楽しみ方をご紹介しています。

9月~11月の間に行ってきたのは「実りの秋と動物たち」。豊かな実りを前に喜々とする動物の姿や、人もちょっとお腹がすいてくるような美味しいものの写真を使ったお話しを通じて、知床の生き物の多様なつながりを考えていただくプログラムでした。意外と知られていないのか、実は知床半島にこの時期たくさんやってくるイカの話に驚く方もいらっしゃいました。
続きを読む →
コメント (0)

雪囲い

yukigakoi.JPG

2012年11月29日(木) 晴れ
今年も運動地に少しずつ雪が積もり始め、運動地が白銀世界となるのも目前です。
そのため本格的な冬が到来する前に、運動地内施設の冬支度を行いました。
開拓小屋と旧開拓家屋の窓ガラスが落雪などで割れてしまわないよう、板を設置して雪囲い作業を実施しました。
これでひとまず今年の冬を乗り切る準備は万端です。

コメント (0)

旭山動物園で研修してきました。

2012年11月14日(水)~18日(日)

 私たち知床財団と旭山動物園は協定を結び、協同でイベントを開催するなど様々な活動を展開しています。そのひとつに相互の職員研修があり、今回は知床財団職員2名が旭山動物園にお邪魔して研修を受けてきました。

DSC_0275.jpg 今回の研修は、「動物の飼育実習」、「ヒグマ対策用ゴミ箱の実験」、そして「道産動物舎の展示作成」がテーマ。知床から車で走ること5時間、動物園に到着してさっそく園内で作業開始です。

続きを読む →
旭山動物園で研修してきました。 はコメントを受け付けていません。

帰化植物展開催中です。

アラゲハンゴンソウ.jpg  「帰化植物」という言葉をご存知ですか?主に人の手によって持ち込まれ、本来の生育域ではない場所に定着して、「帰化」している植物の事です。これらは、元あった植物と競合し、地域の生物多様性にネガティヴな影響を与える事が知られています。

 知床でも、これまでにアメリカオニアザミなどの帰化植物が知られ、知床岬等では環境省による駆除事業も行われています。しかし、知床の帰化植物に関するデータは少なく、どこに、どの帰化植物が侵入し、どんな振る舞いをしているか、実は把握しきれていませんでした。そこで今年度、羅臼町から委託を受けた知床財団が、羅臼町内の帰化植物調査を実施しました。町内17箇所の定点調査と、総延長約60kmのルートセンサスを行い、500点近い植物標本を採取しました。
続きを読む →
帰化植物展開催中です。 はコメントを受け付けていません。

らうす自然講座~羅臼岳の希少植物~

IMGP1698.jpg2012年11月11日(日)

 地元の研究者や自然愛好家の方を講師にお迎えしてお送りする「らうす自然講座」の今年度第2回目は「羅臼岳の希少植物」と題し、羅臼町在住の浅沼孝夫さんに講演頂きました。浅沼さんは羅臼湖や羅臼岳の植生を中心に知床の自然に関する調査を行っている方で、その功績が認められ今年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰を受けらています。
続きを読む →
らうす自然講座~羅臼岳の希少植物~ はコメントを受け付けていません。

ブログ

旬の自然情報BLOG