活動報告BLOG

ふるさと体験教室 知床kids シカ肉料理をつくろう!

DSCF7967.JPG羅臼町にてふるさと体験教室(知床kids)の今年度第四回目が実施されました。

知床kidsは公民館・知床財団・環境省羅臼自然保護官事務所・郷土資料室などが主体となって行っており、地元の子供たち(羅臼町内の小学4,5,6年生)を対象に、郷土の自然を楽しみながら学習し、郷土・文化を愛する心を育てることを目的としています。

第四回目の今日は、羅臼町公民館でシカ肉料理に挑戦し、「もみじ丼」と「鹿汁」をつくりました。

最初に近年急増している鹿の問題や鹿の有効活用についてレクチャーを聞いた後、調理を開始しました。

切って、焼いて、煮込んで、混ぜて・・・

初めはシカ肉に触れなかった子供たちも、最後のほうはすっかり慣れて、積極的に調理を行っていました。
そして、完成した「もみじ丼」と「鹿汁」で昼食タイム!子供たちは夢中になって食べていました。

自分たちで作った初めてのシカ肉料理は、一際おいしかったことでしょう!(担当:小池)

コメント (0)

「なかしべつ科学フェスティバル みるくラボ2011」に出展しました

中標津町経済センター なかまっぷで8月7日に行われたイベント「なかしべつ科学フェスティバル みるくラボ2011」に出展してきました。知床財団のブースは「ほんもののヒグマ体験!」。会場に集まった中標津町内外の子供たちに、ヒグマやエゾシカの生態について解説をしました。
今回ブースで使用したのは、各地の学校等で好評をいただいているヒグマ学習教材・トランクキットです。ひっきりなしに子供たちが訪れ、「はじめて知った!」「べんきょうになった!」と、大好評の5時間でした。P8072638.jpg





「なかしべつ科学フェスティバル みるくラボ2011」に出展しました はコメントを受け付けていません。

ダイキン工業株式会社・斜里町・羅臼町・知床財団の四者協定の締結について


ダイキン.jpg2011年7月26日、ダイキン工業株式会社・斜里町・羅臼町・知床財団の四者は、知床の自然環境保全に向け協定を結ぶこととなり、協定締結式を行いました。

このたびの協定はダイキン工業株式会社様からの多大なご支援により実現したもので、知床財団・斜里町・羅臼町が知床世界自然遺産地域とその周辺地域における自然環境を守る事業を実施してまいります。



<期 間>2011年7月26日~2016年3月31日
<支援額>知床財団・斜里町・羅臼町に対し、5年間で1億1千万


続きを読む →
コメント (0)

斜里町立朱円小学校でクマ授業やりました


ヒグマ短冊Web用48k.jpg

2011年4月27日に朱円小学校全校生徒を対象に「クマ授業」を行いました。朱円小学校の周りには農地が広がっており、ヒグマの出没も毎年確認されています。クマってどんな動物?クマに会わないようにするには?クマに会ったらどうしたらいい?などクマの対処法を楽しく勉強しました。後日、小学5年生と6年生の児童が「クマ授業」の感想を川柳にして我々に送ってくれました。ありがとう。とってもおもしろいので皆さんにも紹介します。
コメント (0)

第32回知床自然教室終了報告

2011snc 2011-08-01 15-04-03.JPG2011snc 2011-07-31 18-24-05.JPG実施日:2011年7月30日(土)~8月5日(金)

1977年、開拓跡地を乱開発から守り、そこに原生の自然を取り戻そうと始まった「しれとこ100平方メートル運動」

この守り育てられている森を子どもたちに体感させたいと、運動参加者の子どもたち向けに32年前から毎年行われている「知床自然教室」が今年も終了しました。


参加した33人の子どもたちは、知床の森での5日間の野外キャンプを通じて、知床の自然だけではなく、かつての開拓の風景や今進められている森づくりの取り組みを知り、体験していきました。


詳しくは「第32回知床自然教室報告」をご覧くたさい。

第32回知床自然教室終了報告 はコメントを受け付けていません。

ブログ

旬の自然情報BLOG