活動報告BLOG

「知床ヒグマわくわくウィークエンド シーズン3」 イベント報告

集合.jpg旭山動物園と知床財団の共催イベント「知床ヒグマわくわくウィークエンド シーズン3」を10月8~9日の2日間にわたって開催しました。このイベントは、人と野生動物が上手に付き合い、ともに暮らしていくために、私たちにできることを来園者の皆さまに一緒に考えてもらうためのイベントです。イベント開催3年目となった今年は、参加型プログラム「ヒヤリハットヒグマすごろく」やスペシャルもぐもぐタイム「今日はごちそう 知床ごはん」などを実施しました。 続きを読む →
コメント (0)

第15回しれとこ森の集い開催報告

DSC_6921a.JPG実施日:2010年10月17日(日)

知床の開拓跡地を原生の森に戻す取り組み『100平方メートル運動の森・トラスト』のイベント、「しれとこ森の集い」が開催されました。


このイベントでは、全国の皆さんからの寄付で買い取った土地「100平方メートル運動地」に、運動参加者と地元斜里町の皆さんの手によって、知床の森を復元するための植樹が毎年行われています。


続きを読む →
コメント (0)

植樹祭の準備作業


111014horitori.jpg2011年10月14日(金)晴れ、15日(土)雨


今回は、ボランティア3名の方にお手伝いいただいて日曜日に予定されている植樹祭の苗の掘り取り作業を行いました。この日掘り取った苗は16種類206本。根が崩れないように縄で巻いてから植樹会場へと運びました。

これらの苗は植樹祭にご参加いただくたくさんの方々の手によって知床の大地へと植え込まれてきます。

お手伝いいただたい皆さん、ありがとうございました。


続きを読む →
植樹祭の準備作業 はコメントを受け付けていません。

岩尾別川の森に防鹿柵をつくる 3

P1060933a.jpgP1060941a.jpg2011年10月10日 くもり/雨

今回は、防鹿柵の資材の運搬をほぼ終わらせ、実際の設置作業に取り掛かりました。

この柵は”自立式”の工法で設置していきます。通常柵を立てる際は、地面に穴を掘って柱を立てていきますが、今回設置する場所は川沿いで大きな石がたくさん埋まっていて穴を掘るのが困難なため、この柵は柱ごとに支柱を三角形に組み、横板を張って倒れないように”自立”させていく方法で立てていきます。

この日は昼過ぎから雨が降ってきたため、途中までとなりましたが、1スパン分(横板1枚の幅、約3.6m)の設置を終えることができました。最終的には、約70スパン、総延長250mの防鹿柵を設置する計画です。

今後も作業を継続し、ダイキン工業の社員の皆さんやボランティアの皆さんにご協力をいただきながら、雪が本格的に降り出す前にこの防鹿柵を完成させる予定です。

コメント (0)

岩尾別川の森に防鹿柵をつくる 2

P1060899a.jpg2011年10月8日 くもり

今回は、前回到着した岩尾別川沿いの森を囲む防鹿柵の資材の運搬をスタッフ4名とボランティアの方1名で行いました。

一か所に集材された丸太など一本一本を担いで所定の位置まで運ぶという作業です。丸太の重さは、サイズによっておよそ20~30kg、今回の作業で全体量(丸太が350本、外壁を囲う板が560枚)の約半分を運ぶことができました。残りの資材は次回の作業で運びきる予定です。

お手伝いいただいたボランティアの方、ほんとうにありがとうございました。
たくさん皆さんに支えられながら、知床の森づくりは進められています。

続きを読む →
岩尾別川の森に防鹿柵をつくる 2 はコメントを受け付けていません。

ブログ

旬の自然情報BLOG