活動報告BLOG

柵の補強

101009kugiuti.jpg2010年10月9日(土) 晴れ ボランティア4名の方とともに、各地の防鹿柵が冬から春にかけての悪天候で倒れないように、柵の補強を行いました。 ひとつの柵に使っている柱それぞれは同じ時に建てていても、立地条件などによって、根元からぐらぐらしてきたり傾いてきたりする柱が一部でてきます。そういう弱っている柱には支柱を取り付けて補強します。 柱の周りに大きな岩があったりして平らではない場所では、4本足の脚立より安定しやすい3本足の三脚を使っています。この三脚を立てる位置で、道具(カケヤや金づち)の使いやすさが決まります(右利きと左利きで立てる位置も変わってきます)。三脚を立てる位置は安定していて道具が使いやすいところ、この位置決めが大事です。 (担当:馬谷)
柵の補強 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.

ブログ

旬の自然情報BLOG