活動報告BLOG

2009年度ボランティア・ミーティング

実施日:2010年2月13日(土)~14日(日) 100213kaitakugoya.jpg今年度のボランティア活動を振り返るボランティア・ミーティングを開催しました。地元斜里、道内、全国から計5名の方が知床へ集結です。 初日の午前中は、スノーシューを履いて知床の森を歩き、「開拓小屋」へ行きました。この小屋は、開拓の歴史を伝えるために開拓時代の家屋を修繕した建物で、ボランティア活動のメインである森づくり作業の拠点としても使われています。雪かき・掃除のあとは、薪ストーブ の上で作る煮込みうどん。体の芯まで温まり ました。 100213 meeting.jpg午後は本題のミーティングです。今年度の活動報告の後、これからのボランティア活動について意見を交わしました。そして夕方からは懇親会。その夜はおつまみ片手に知床自然センター周辺の理想像などを話し合い、ホワイトボードは文字と絵で埋まっていきました。 翌日は、フレペの滝遊歩道の入り口脇にある100平方メートル運動ハウスの室内清掃や、ミーティングの続きを行って解散となりました。 今年度の活動にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします! 知床のボランティア活動にご関心のある方はぜひこちらをご覧ください。 → ボランティアHP (担当:馬谷) 100213yukikaki.jpg■ボランティアさんからひとこと: 2年ぶりにミーティングへ参加できました。スノーシューを履いての開拓小屋までの白い森の中の散策は、やはり日常ではなかなかできない素晴らしい体験でした。また、初めての仲間の方にも会えて嬉しいことです。みんなで作った食事は、話もはずんでおいしくいただきました。ボランティアの仲間の輪をどうやって広げていくかが問題になりました。身近なところでできることがないか探したいと思います。(N・Tさん 60代 男性 北見市) 100213snow-shoe.jpg平成22年最初のボランティア参加です。去年のボランティアミーティングは低気圧の通過で猛烈な吹雪があり、美幌を出たものの中斜里の町なかで前に進めずに引き返してきたが、今年は天気も良くて暖かい。森の歩くスキーコースの途中にある開拓小屋の除雪をして、薪ストーブを焚き、煮込みうどんを食べれば最高!100平方メートル運動ハウスの展示替えの説明を受け新しいハウスが楽しみだが、自然センターにきた人、フレぺの滝へ行く人を引き付けて見学してもらうにはどんなことをすれば?そう、ミーティングでは、参加者を増やすには、地元の人に参加してもらうには、ボランティアを皆に知らせるには何を、…だけど、参加していると楽しく汗をかき知床の森や動物の話を聞けて無料、参加しないと損だよ!と思う。今年もよろしくお願いします。(H・Zさん 60代 男性 美幌町) 100213konsinkai.jpgボランティアミーティングに参加して、晴天の冬晴れの中スノーシューで開拓小屋まで、林の中のスキーコースを歩き雪と樹木を体感して、小屋で雪除けと内部の清掃、昼食は、薪ストーブでうどんを作り身体も暖まり楽しい活動でした。午後からは、100 平方メール運動ハウスの展示物の改良などを話し会い、いろんな意見が出され、有意義なミーティングとなりました。夕食もみんなで、タラナベを作り、楽しいボランティアミーティングでした。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。(K・Mさん 50代 男性 斜里町) 100214undou-house.jpg昨年の活動内容を振り返って、このミーティングが1年ぶりのボランティア活動の参加だったことに改めて気が付きました。昨年のミーティングは大荒れの天気でウトロにたどり着くのがやっとでしたが、今回は2日間とも晴れ、流氷も見ることができました。今年は参加人数が少なかったのは少々残念でしたが、少ないながらも皆さん活動歴の多い面々のせいか、ざっくばらんに様々な意見が沢山集まったのではないかと思います。話し合いが進むにつれ、今後の活動における課題も色々と出てきましたが、みんなで知恵と力を出し合いながら、また今年も知床の森づくりに関わっていきたいと思った2日間でした。(A・Mさん 40代 女性 東京都) ミーティングでは多数の意見が出て実のある会であったと思う。昨年からみると積雪の量は少なく、また天候もよく行動に適した日であった。運動ハウスの由来等の知らないことも多々あり、それを知ることができた。(Y・Yさん 60代 男性 北見市)
コメント (0)

Comments are closed.

ブログ

旬の自然情報BLOG