活動報告BLOG

カラマツ林試験地モニタリング調査

090911tyousa.jpg2009年9月11日(金) ボランティア2名の方とともにカラマツ林試験地で種子散布のモニタリング調査を行いました。 今から11年前、カラマツの林を防鹿柵で囲うほかに、木の数を減らして陽光が入りやすくなる場所も柵の内外につくりました。それから毎年、それぞれの場所でどういう木が自然に生えてきたのか調べています。 090911  tyousa.jpg右上の写真は、防鹿柵内でカラマツの密度を下げた場所で、たくさんの広葉樹で覆われてきています。他方、同じ柵内でも陽光が入りにくい場所は広葉樹の背丈が低かったり、柵外ではほとんど広葉樹がなかったり(右の写真)で、陽光の重要性やシカの食圧の強さが見えてきました。私たちは、これら作業結果を確かめながら、森づくりを進めています。 (担当:馬谷)
カラマツ林試験地モニタリング調査 はコメントを受け付けていません。

ボランティア活動報告 2009年9月2日、4日

090902meidai-yama.jpg実施日:2009年9月2日、4日 今回のボランティア活動には、明冶大学から36名、地元の美幌町、斜里町からそれぞれ1名の計38名の方にご参加いただきました。 9月2日は苗畑の除草や防鹿柵内の植樹した広葉樹のチェック、9月4日は防鹿柵の扉の交換をお手伝いいただきました。ありがとうございました! 詳しい作業の様子はこちら ⇒ 『森づくり日誌』 続きを読む →
コメント (0)

学生インターン

090905intern-kuginuki.jpg2009年9月5日(土) インターン2名とスタッフで、防鹿柵の扉の修理を行いました。扉を支えていた柱が折れてしまっていて、それを新しい柱と取り替えるために1日がかりで作業しました。 道具の名称や用途が分からず手際よく行動することができませんでしたが、貴重な体験ができました。常に学んだことを吸収していかなければと身に染みた1日でした。 (担当:インターン宮崎)
学生インターン はコメントを受け付けていません。

防鹿柵の扉交換

090904tobira-koukan.jpg2009年9月4日(金) 今回は学生インターン1名とボランティア2名の方とともに、老朽化していた防鹿柵の扉の交換を行いました。 設置から10年弱で交換時期をむかえています。防鹿柵は一度作れば終わりではなく、日々のメンテナンスが欠かすことができません。このような小さな積み重ねが未来の森へつながっていきます。 (担当:松林)
防鹿柵の扉交換 はコメントを受け付けていません。

明大36名+酪農大43名

090902meidai-kusatori.jpg2009年9月2日(水) 知床を訪れた明治大学ローバースカウト部の学生さん36名と、知床で実習中の酪農学園大学の学生さん43名が森づくりを手伝ってくださいました。 これをきっかけに100平方メートル運動に興味を持っていただければ、と思います。またお越しください。個別でも大歓迎です! ※全国各地の学生さんのお越しをお待ちしております → ボランティア募集 (担当:馬谷)
明大36名+酪農大43名 はコメントを受け付けていません。

ブログ

旬の自然情報BLOG