活動報告BLOG

森づくり作業の紹介

bouhuusaku-kouka.jpg防風柵(ぼうふうさく) 強い風が吹き付ける場所では、なかなか木は大きくなることができません。そのため、風が強く苗が育ちにくい場所には防風柵を建てています。 冬、防風柵の前後には雪の吹きだまりができます。この吹きだまりが雪の「布団(ふとん)」となって、厳しい風雪から苗を守ってくれます。
森づくり作業の紹介 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.

ブログ

旬の自然情報BLOG