活動報告BLOG

台風18号通過。その後の運動地。

実施日:2017年9月19日(火)~20日(水)

RIMG7992昨日、日本列島を縦断した台風18号は、知床でも近年にないほどに強い雨と風が吹き荒れました。

台風通過後、100平方メートル運動地の巡視を行ったところ、各所でトドマツやシラカンバなどの木々が折れたり、根返り(根っこから持ちあがる状態)したりと風雨の強さを物語る痕跡が見受けられました。

その他、昨日オープンした森づくりの道「開拓小屋コース」沿いにあった樹皮保護ネットを巻いたオヒョウの大木が根本から折れIMG_2328たり、昨日植樹祭で植えたトドマツ苗の一部が傾いたり倒れたりもしていました。

現在、順次作業道上の倒木除去や植樹祭のトドマツ苗の手直しなどを行っています。

もちろん雨も風も自然の営みです。知床の森づくりは、そんな自然の力も謙虚に受け止めながら、これからも試行錯誤を繰り返しつつ進めていきます。

(担当:松林)

 

コメント (0)

100平方メートル運動は40年目を迎えました。

実施日:2017年9月16日(土)~17日(日)

RIMG7830今年、「しれとこ100平方メートル運動」は、40年目を迎えました。1977年にスタートしたこの知床の運動は、最初の目標として掲げた開拓跡地の買い取りを1997年に達成し、現在はかつてこの地にあった森を再生する取り組みを続けています。

この運動は、土地の買い取りから今の森づくりまで約6万7千人もの方々からご支援をいただき今日に至っています。

IMG_2006今回は、40年目の節目として、運動地の散策や講演会、植樹祭など2日間にわたるイベントを開催し、全国から多くの皆さんにお越しいただいきました。

初日、まずは先週オープンした運動地を歩く森づくりの道「開拓小屋コース」の散策を皮切りに、午後は知床自然センターで運動にゆかりのある方々の講演を行いました。

 

続きを読む →

, , コメント (0)

森づくりボランティア~植樹祭の準備など~

実施日:2017年9月14日(木)~15日(金)

IMG_1984

全国から11名の皆さんにお越しいただき、週末の植樹祭の準備などのお手伝いをしていただきました。

今年の植樹祭は、「しれとこ100平方メートル運動」の40周年イベントの一環として開催します。そのため、いつもより多くの皆さんがいらっしゃる予定となっており、それに合わせて植える苗木も昨年より多めに準備しなければなりません。

そんな時、心強いのがボランティアの皆さんの力です。IMG_1997今回は、これまで苗畑で育ててきたトドマツの苗木約300本を掘り取り、植樹会場まで運ぶというスタッフ数人だけでは何時間もかかる作業も人海戦術であっという間に終えることができました。

その他、植樹祭の準備以外にも、防鹿柵の資材の運搬や新しく作っている苗畑の整備などいろいろとお手伝いをいただいた2日間でした。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

(担当:松林)

 

 

 

, コメント (0)

ウトロでオオハンゴンソウを除去しました

知床世界自然遺産地域の玄関口であるウトロ地区で、特定外来生物であるオオハンゴンソウの生育が確認されました。

オオハンゴンソウは繁殖力と生命力が強く、一度繁茂すれば根絶は困難であると言われています。

オオハンゴンソウが繁茂すれば他の植物の生育を阻害恐れがあり、世界遺産エリアに侵入しないよう食い止めねばなりません。

幸い、今回見つけたオオハンゴンソウの分布は局所的であり、2時間程度で目に付くすべての花を除去することができました。抜いた花は種を散布しないようビニール袋に入れて焼却処分にします。

オオハンゴンソウ除去02

ただ一回の除去作業では根や種が残ってしまい来年も復活する可能性があります。根絶するには何年もかけて除去を続けていく必要があります。一度侵入した外来生物を除去するのは、本当に大変なことなのです。

あなたの家の庭にも生えていませんか?

(担当:能勢)

コメント (0)

五湖にネコ?

昨日、知床五湖に向かう道路沿いで怪我をした生後2ヶ月程度の子猫を保護しました。

子猫は車とぶつかったのか、口と鼻から出血がありましたが、今は少し回復しています。

現在、自力では立てず意識もしっかりしていない状態ですが、生きようと頑張ってます。

ネコ02

しかし、なぜ五湖の近くに子猫がいたのでしょう。

近くに人家はなく、ノラネコがいるとは考えられません。

ということは誰かが逃がしたか、捨てた可能性が考えられます。

周りにヒグマ・キツネ・オジロワシがウヨウヨいる山に子猫を放せばどうなるか、放した人は想像しなかったのでしょうか。

猫や犬などの愛護動物を捨てる行為は動物愛護法によって禁止されており、100万円以下の罰金が科せられます。

動物を捨てるという行為を軽く考えないでください。決して許される行為ではありません。

(担当:能勢)

 

 

コメント (4)

ブログ

旬の自然情報BLOG