第2回プロジェクト未来遺産

「プロジェクト未来遺産」とは?

miraiisan2-1プロジェクト未来遺産は、文化遺産や自然遺産に光を当て、それらを未来に伝えていこうという人々の意欲を活性化させることによって時代を切り拓いていくことを目的とした日本ユネスコ協会連盟が展開する未来遺産運動です。私たちは、知床財団としては2号機となるヒグマ学習教材トランクキットの作成を企画、応募し、この企画が2010年12月に第2回プロジェクト未来遺産として登録されました。

 

seika

miraiisan2-2学校での授業や、グループ学習での利用を想定し、全国に無料で(送料は実費)貸し出すことが可能なヒグマ学習教材トランクキットが 2012年5月に完成しました。ヒグマの毛皮や頭骨、研究者が実際に使用しているものと同じ調査道具など、ヒグマを知るための全22点が一つになった教材 セットです。

詳しくはコチラ→トランクキットの貸し出し
2013年3月末までに8件の貸し出し実績がありました→貸し出し実績はコチラ(PDF)iconset

 

 

知床財団の活動