トランクキットの貸し出し

トランクキット

このトランクキットは、北海道を代表する生き物であるヒグマを中心に野生動物や自然について学ぶ教材として発案されました。
現在は2つのトランクキットがあり、2007年に株式会社AIRDOの寄付金事業(知床キムンカムイプロジェクト)により1号機が作成され、2012年に公益社団法人日本ユネスコ協会連盟が主催する第2回「プロジェクト未来遺産」に登録され2号機が作成されました。

指導者の方へ

このトランクキットの目的は
 1.北海道に生息する大型食肉類であるヒグマについての正しい生物学的情報
 2.ヒグマと共存するための方策
を子ども達に知ってもらう、考えてもらう適切な機会を提供することです。指導者向け手引きには、小学校の授業を想定したプログラムが収録されており、本キットを利用する指導者の方が、簡単な事前学習で活用できるように工夫されています。

人とクマとの問題は、北海道に限らず、日本全国で毎年のように発生します。国土が狭く、人とクマが隣接して暮らす日本において野生動物と共存するためには、野生動物とそれを取り巻く状況を正しく理解することが欠かせません。本キットを活用し、子ども達にヒグマのことを知り、考える機会を提供してあげてください。

注意事項

ワレモノや紛失に注意

本キットに使用されている標本は全て実物標本です。頭骨など、破損しやすい標本の取り扱いには十分にご注意ください(同一の実物標本は、二度と手に入れることができないものであることを子供達にも伝えてください)。

無断複製はしないで下さい。

使用されている映像、印刷物、データには著作権があります。複製される場合は、必ず担当までご相談ください。

人とクマと知床のためにできること

『トランクキット』は、2007年に株式会社AIRDOの寄付金事業(知床キムンカムイプロジェクト)により1号機が作成され、2012年に公益社団法人日本ユネスコ協会連盟が主催する第2回「プロジェクト未来遺産」に登録され2号機が作成されました。

AIR DOからの支援について

知床財団の活動